記事一覧

Xamarin 4.2.1.64 がリリースされたので検証してみました。 | Xamarin.Forms


Xamarin 4.2.1.64 がリリースされましたので、試してみました。
しかしながら、早速不具合が見つかりました。
iOS Simultor が起動しなくなったのです。ツールのオプションから Xamarin.iOS の設定画面を開くと、 Xamarin 4.2.0.719 まで存在していたシミュレータのチェックボックスが存在しません。


これがXamarin 4.2.1.64 の設定画面

xamarin_42164_02.png


Xamarin4.2.0.719までは存在していた。

xamarin_420719_01.png


当然、MAC側のXamarin.iOSのバージョンも上げてありました。

xamarin_42164_01.png



前提条件
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.2.0.719 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.2.127)
・macOS Sierra 10.12.1 / Xcode8.1 / Xamarin.iOS 10.2.0.4



今回のバージョンアップでは、以前ご紹介した
同じ依存アセンブリの異なるバージョン間で競合が見つかりました。Visual Studio では、この警告をダブルクリックする (または選択して Enter キーを押す) ことで、この競合を修正できます。または、アプリケーション構成ファイル内のアプリケーション構成ファイル内の "runtime" ノードに、次のバインド リダイレクトを追加します・・・
という警告が消えていたくらいで、他に挙げております不具合等は修正されておらず、私は安定バージョンの4.2.0.719に戻すことにしました。


2016/12/18 追記
Xamarin 4.2.1.73 のバージョンでも同じ不具合でした。

2017/01/04 追記
Xamarin 4.2.2.6 のバージョンでも同じ不具合でした。

2017/03/11 追記
Xamarin 4.3.0.784 のバージョンでも同じ不具合でした。
どうやら調べてみると、Enterpriseのみの動作に仕様変更されたようです。
詳しくは以下のURLにてご紹介しております。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-126.html



当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。