記事一覧

TableTypeの作成方法 | SQL Server


今回は SQL Server 上で Table Type を作成する方法をご紹介いたします。
Table Type とは通常 ストアドプロシージャ等によく用いられますが、引数としてテーブルを渡すというイメージの処理が可能です。
引数としてテーブルを渡す実際のサンプルコードは以下のようになります。引数にTableTypeの@TestTableを渡しています。


CREATE PROCEDURE dbo.TestProcedure
    @Code INT,
    @TestTable dbo.TestTableType READONLY
AS
BEGIN   
    SET NOCOUNT ON;
    SELECT  *
      FROM  @TestTable
     WHERE  TestCode = @Code
    ;
END;
GO

SQL_TableType_01.png

※写真ではなぜか赤色の波線が付いてますが、コンパイル可能です。
※TableTypeを渡す場合はReadOnlyが必要です。つけないとコンパイル通りません。



前提条件
Windows 7 professional 以降 / Windows Server 2008 R2 以降
SQL Server 2005 Developer / Standard 以上



1.TableTypeの作成方法


CREATE TYPE dbo.TestTableType AS TABLE 
(
    TestCode int
)
GO

テーブルの定義と同様に括弧の中にフィールド定義を記述します。
テーブルで定義できるフィールドはTableTypeでも定義可能です。



2.権限の付与


GRANT EXEC ON TYPE::dbo.TestTableType TO [BUILTIN\Administrators]
GO

TYPE::テーブルタイプ名
というところがポイントですね。「TYPE::」がないとエラーでコンパイルが通りません。


次回は TableType を使用して VB.NET の DataTable のデータを一括で更新する方法をご紹介いたします。


関連記事

コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。