記事一覧

ListViewで行毎にテキストボックスのTextChangedイベントを発生させる方法 | asp.net


asp.net の ListView において、この行のテキストボックスはイベントを発生させたい。次の行はイベントを発生させないようにしたい。などという仕様になる場合があります。そのような場合に参考になるソースの一例をご紹介いたします。

aspnet_listview_textbox_event_01.png


前提条件
Windows 7 Professional 以降 / Windows Server 2008 R2 以降
Visual Studio 2008 Professional 以降
VB.NET
.Net Framework 3.5 以降


1.TextBoxのイベントの発生方法

まずは基礎的なことから説明します。
asp.net でイベントを動作させるには以下の2点の設定が必要です。
・AutoPostBack が True に設定すること
・イベントの紐づけが設定されていること
いずれも aspx または vb ファイルにて記述可能が可能です。

aspx側での記述
<asp:TextBox ID="TextBox1" runat="server" 
        AutoPostBack="True"
        OnTextChanged="TextBox1_TextChanged">
</asp:TextBox>

vb側での記述
Private Sub WebForm1_PreRender(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) Handles Me.PreRender
    TextBox1.AutoPostBack = True 'PostBackをONにします。
    AddHandler TextBox1.TextChanged, AddressOf TextBox1_TextChanged    'イベントの紐づけを設定します。
End Sub


※vb側で処理する場合、イベントの登録・解除はLoadまたはPreRenderイベントにておこなってください。動的に変更する場合はPreRenderの方が良いでしょう。


2.TextBoxのイベントの紐づけ解除の方法

asp.net でイベントを動作させないようにするは以下の2点の設定が必要です。
・AutoPostBack を False に設定すること
・イベントの紐づけを解除する
いずれも aspx または vb ファイルにて記述可能が可能です。
ただし、動的に設定する場合は、aspx 側でイベントの紐づけを設定し、
vb 側でイベントの紐づけを解除する設定をしたほうが良いです。

vb側での記述
Private Sub WebForm1_PreRender(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) Handles Me.PreRender
    TextBox1.AutoPostBack = False 'PostBackをOFFにします。
    RemoveHandler TextBox1.TextChanged, AddressOf TextBox1_TextChanged 'イベントの紐づけを解除します。
End Sub


3.ListViewにて行毎にイベントを発生させる設定

それでは本題である事例をご紹介致します。
大まかには、イベントの紐づけ設定を aspx 側で行い、イベントの解除を vb 側で行います。

aspx側の記述
<form id="form1" runat="server">
<div>
<asp:ListView ID="ListView1" runat="server" GroupPlaceholderID="groupPlaceHolder1" ItemPlaceholderID="itemPlaceHolder1">
<LayoutTemplate>
<table>
<tr runat="server">
<th runat="server">
<asp:Label ID="lblTiTleId" runat="server" Text="ID"></asp:Label>
</th>
<th runat="server">
<asp:Label ID="lblTitleName" runat="server" Text="名前"></asp:Label>
</th>
<th runat="server">
<asp:Label ID="lblTitleAge" runat="server" Text="年齢"></asp:Label>
</th>
<th runat="server">
<asp:Label ID="lblTitleResult" runat="server" Text="判定"></asp:Label>
</th>
</tr>
<asp:PlaceHolder runat="server" ID="groupPlaceHolder1"></asp:PlaceHolder>
</table>
</LayoutTemplate>
<GroupTemplate>
<tr>
<asp:PlaceHolder runat="server" ID="itemPlaceHolder1"></asp:PlaceHolder>
</tr>
</GroupTemplate>
<ItemTemplate>
<tr runat="server">
<td runat="server">
<asp:Label ID="lblID" runat="server" Text='<%# (Eval("ID")) %>'></asp:Label>
</td>
<td runat="server">
<asp:Label ID="lblName" runat="server" Text='<%# (Eval("NAME")) %>'></asp:Label>
</td>
<td runat="server">
<asp:TextBox ID="txtAge" runat="server" AutoPostBack="True" OnTextChanged="txtAge_TextChanged"></asp:TextBox>
</td>
<td runat="server">
<asp:Label ID="lblResult" runat="server"></asp:Label>
</td>
</tr>
</ItemTemplate>
</asp:ListView>
</div>
</form>


vb 側では ListView の行に設定されているテキストボックスをループして取得します。テキストボックスが取得できたら、AutoPostBackとイベントの解除を行います。

vb側の記述
Private Sub WebForm1_PreRender(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) Handles Me.PreRender

    For i As Integer = 0 To Me.ListView1.Items.Count - 1 Step 2
        Dim tBox As TextBox = DirectCast(Me.ListView1.Items(i).FindControl("txtAge"), TextBox)
        tBox.AutoPostBack = False
        RemoveHandler tBox.TextChanged, AddressOf txtAge_TextChanged
    Next i

End Sub

※各行なので、Step 2 にて1行飛ばしで解除しています。


関連記事

コメント

コメントの投稿
非公開コメント

アルバム

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。