記事一覧

Java1.8のインストールについて | Java


今回はJava SE 7(Java1.7) から Java SE 8 (Java1.8)へのアップデート方法についてご紹介いたします。自動アップデート等にしていない方もいらっしゃると思いますので、ご参考になればと思います。



前提条件
・Windows10
・Java SE 7 (Java1.7)



1.現在のバージョンを確認する

現在、Javaは以下のフォルダを確認するとバージョン1.7であることがわかります。
(※プログラムの追加と削除でもわかります)

java_1_8_01.png



2.Java SE Development Kit 8をダウンロードする

Javaの最新バージョンである1.8がリリースされているようですので
以下のサイトからダウンロード可能です。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

Accept Lisence Agreement にチェックを付けて同意し、Windows用のSDKをリンクをクリックしてダウンロードします。(OSが32Bitか64Bitで分かれています)

java_1_8_02.png



3.Java1.8をインストールする

ダウンロードしたjdk-8u121-windows-x64.exeを実行してウィザードに従ってインストールすると、以下のフォルダにJavaがインストールされています。

java_1_8_03.png



4.Java1.7をアンインストールする

コンパネのプログラムの追加と削除からJava1.7をアンインストールします。
(※1.8のインストール後に1.7をアンインストールしていますが、順不同だと思います)

java_1_8_04.png


以上です。ダウンロードサイトのURLやインストールフォルダなど覚えていないことがありますので、ここに覚え書きしました。


コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。