記事一覧

iOSやAndroidなどデバイス毎に処理を分岐する方法 | Xamarin.Forms


今回はデバイス毎に処理を分岐する方法についてご紹介いたします。
iPhoneやiPadなどのiOSとAndroid端末でデバイスの動作が異なることによりプログラムの処理を分岐したいケースがよくあると思います。
しかしながら、NuGetパッケージ Xamarin.Forms 2.3.4.224 にて仕様が変更になっていましたので、ここに覚え書きします。


前提条件
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.3.0.784 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.4.224)
・macOS Sierra 10.12.4 / Xcode8.3.1 / Xamarin.iOS 10.4.0.123


Xamarin_device_os_01.png


1.Xamarin.Forms2.3.3.193以前の記述方法

switch (Device.OS)
{
    case TargetPlatform.iOS:
        //iOSの場合の記述;
        break;
    case TargetPlatform.Android:
        //アンドロイドの場合の記述;
        break;
case TargetPlatform.WinPhone:
//WindowsPhoneの場合の記述
break;
case TargetPlatform.Windows:
//Windowsの場合の記述
break;
    default:
        //その他のデバイスの場合(TargetPlatform.Otherでも可)
        break;
}

※Xamarin.Forms2.3.4.224ではObsolete属性が付けられており、今後の使用ができないように警告されます。


2.Xamarin.Forms2.3.4.244で仕様変更された記述方法

switch (Device.RuntimePlatform)
{
    case Device.iOS:
        //iOSの場合の記述;
        break;
    case Device.Android:
        //アンドロイドの場合の記述;
        break;
case Device.WinPhone:
//WindowsPhoneの場合の記述
break;
case Device.Windows:
//Windowsの場合の記述
break;
    default:
        //その他のデバイスの場合;
        break;
}

尚、Device.OnPlatform関数も推奨されなくなっています。
なぜ仕様変更になったのかは不明ですが、対応が迫られることが懸念されますね。




当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿
非公開コメント

アルバム

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。