記事一覧

iOSでBackground Fetchを実行する | Xamarin.Forms


今回はバックグラウンドフェッチ(Background Fetch)についてご紹介したいと思います。Background FetchとはiOS起動後にある程度の間隔でアプリ内のコードを30秒だけ実行してくれるサービス的な機能です。アプリの起動処理時間を短縮するための事前準備をしたり、データ処理を行ったりすることに良く用いられるとか。しかしながら、その実行間隔を開発者が決めれず、アプリの利用頻度に応じてOSが決定することや、実行時間は30秒という時間は短かすぎで、利用できるケースは極度に限られてきます。バッテリーの消費を避けるためというらしいですが、はっきり言って、30秒では何もできません。ちょっとした通信ぐらいなら可能でしょうというところです。さらにはアプリが手動でKillされている場合、Background Fetchは呼び出されないという仕様です。

※アプリが起動していない場合でもBackgroundFetchを動作させたい場合はVoIPプッシュ通知を利用すると良いでしょう。



前提条件
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.3.0.784 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.4.224)
・macOS Sierra 10.12.4 / Xcode8.3.1 / Xamarin.iOS 10.4.0.123



1.バックグラウンドフェッチを有効にする

(1)iOSプロジェクトのプロパティで「iOSアプリケーション」のバックグラウンドモードを有効にするのチェックをONにする。
(2)バックグラウンドフェッチのチェックをONにする。

xamarin_backgroundfetch_01.png



2.AppDelegateの記述

(1)アプリ起動時のFinishedLaunchingにてバックグラウンドフェッチの間隔を設定します。最低の実行間隔と設定したとしても、実際はその間隔をOSが決定するので、おまじないと思ってください。
(2)PerformFetchをオーバーライドし、必要なバックグラウンド処理を記述します。OSによりPerformFetchが呼び出されます。

AppDelegate.cs
private NotificationService _nService;
public override bool FinishedLaunching(UIApplication app, NSDictionary options)
{
    global::Xamarin.Forms.Forms.Init();
    LoadApplication(new App());

    //バックグラウンドフェッチの間隔を設定
    UIApplication.SharedApplication.SetMinimumBackgroundFetchInterval(UIApplication.BackgroundFetchIntervalMinimum);

    return base.FinishedLaunching(app, options);
}

public override void PerformFetch(UIApplication app, Action<UIBackgroundFetchResult> completionHandler)
{
    try
    {
        System.Diagnostics.Debug.WriteLine("●PerformFetch start");
        this.BackgroundService();
    }
    catch (Exception ex)
    {
        System.Diagnostics.Debug.WriteLine(ex.Message + System.Environment.NewLine + ex.StackTrace);
    }
    finally
    {
        completionHandler(UIBackgroundFetchResult.NewData);
    }
}

private async void BackgroundService()
{
    await Task.Run(() =>
    {
        try
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine("●BackgroundService.Thread.Start");
            while (true)
            {
                InvokeOnMainThread(delegate
                {
if (_nService == null)
{
//通知機能の認証
_nService = new NotificationService();
_nService.Regist();
}
                    _nService.On("PerformFetchTitle", "PerformFetchBody time:" + UIApplication.SharedApplication.BackgroundTimeRemaining.ToString());
                });
                System.Threading.Thread.Sleep(60000);
            }
        }
        catch (Exception ex)
        {
            System.Diagnostics.Debug.WriteLine(ex.Message + System.Environment.NewLine + ex.StackTrace);
        }
    }).ConfigureAwait(false);
}

※通知機能のクラス NotificationService については以前の記事でご紹介しておりますので、ご参考くださいませ。



3.Xamarin Studio でのデバッグ方法

Xamarin Studio では標準でデバッグ方法が別途用意されています。
(1)実行→プログラムから実行→Custom Configration

xamarin_backgroundfetch_02.png


(2)Background Fetch を選択して実行します。

xamarin_backgroundfetch_03.png



4.Visual Studio でのデバッグ方法

残念ながら Xamarin Studio のようなデバッグモードは存在しません。
しかし、嘘の様な話なのですが、iPhone実機にて「アプリのアイコンをタップしてアプリを起動→Home」を10回以上繰り返すると、PerformeFetchが実行されました。
 
xamarin_backgroundfetch_05.png

xamarin_backgroundfetch_04.png





当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。