記事一覧

URLからブラウザを起動する方法 | Xamarin.Forms


以前の記事ではアプリの中にWEBページを表示する方法をご紹介しましたが、今回はホームページ等のアドレス(URL)からブラウザを起動する方法をご紹介いたします。ファイルを開く方法とほぼ同じような記述になりますが、DependencyServiceにて記述していきます。

xamarin_browser_01.png



前提条件
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.3.0.784 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.4.224)
・macOS Sierra 10.12.4 / Xcode8.3.1 / Xamarin.iOS 10.4.0.123



1.PCLの実装方法

IWebBrowserService.cs
//DependencyServiceから利用する
public interface IWebBrowserService
{
    void Open(Uri uri);
}



2.Androidでの実装方法

ファイルを開く場合と同様に、インテントを作成しUriを渡します。
WebBrowserService.cs
using Android.Content;
using Xamarin.Forms;
[assembly: Dependency(typeof(WebBrowserService))]
public class WebBrowserService : IWebBrowserService
{
    public void Open(Uri uri)
    {
        Forms.Context.StartActivity(
            new Intent(Intent.ActionView,
                       global::Android.Net.Uri.Parse(uri.AbsoluteUri))
        );
    }
}



3.iOSでの実装方法

WebBrowserService.cs
using Xamarin.Forms;
using UIKit;
[assembly: Dependency(typeof(WebBrowserService))]
public class WebBrowserService : IWebBrowserService
{
    public void Open(Uri uri)
    {
        UIApplication.SharedApplication.OpenUrl(uri);
    }
}



4.使用方法

TestPage.xaml
void OnButtonClick()
{
    Uri uri = new Uri("http://itblogdsi.blog.fc2.com/");
    DependencyService.Get<IWebBrowserService>().Open(uri);
}




当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

アルバム

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。