記事一覧

ローカル通知をiOS10に対応させる方法 | Xamarin.Forms


以前の記事でスマホの画面上に通知を表示する(ローカル通知/Local Notification)方法をご紹介しました。
しかしながら、iOS10からは、UNUserNotificationCenterを使用して構築しなければならず、大幅な仕様変更になっています。それゆえ今回は仕様変更後のローカル通知の方法についてご紹介いたします。

iPhone7 iOS10
xamarin_ios10_notification_02.png
iPhone6s iOS10
xamarin_ios10_notification_01.png



前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.4.0.34 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.4.247)
・macOS Sierra 10.12.4 / Xcode8.3.1 / Xamarin.iOS 10.8.0.175


1.PCLでDependenceyServiceの定義を記述

こちらは以前の記事でご紹介したものに、SubTitleを追加しています。
C#
INotificationService.cs
//DependencyServiceから利用する
public interface INotificationService
{
//iOS用の登録
void Regist();
    //通知する
    void On(string title, string subTitle, string body);
    //通知を解除する
    void Off();
}


2.iOS10での記述方法

C#
NotificationService.cs
using System;
using Foundation;
using UIKit;
using Xamarin.Forms;
[assembly: Dependency(typeof(NotificationService))]
public class NotificationService : INotificationService
{
public void Regist()
{
if (UIDevice.CurrentDevice.CheckSystemVersion(10, 0))
{
// 許可をもらう通知タイプの種類を定義
UNAuthorizationOptions types = UNAuthorizationOptions.Badge | // アイコンバッチ
UNAuthorizationOptions.Sound | // サウンド
UNAuthorizationOptions.Alert; // テキスト

UNUserNotificationCenter.Current.RequestAuthorization(types, (granted, err) => {
// Handle approval
if (err != null)
{
System.Diagnostics.Debug.WriteLine(err.LocalizedFailureReason + System.Environment.NewLine + err.LocalizedDescription);
}
if (granted)
{
}
});
}
}

    public void On(string title, string subTitle, string body)
    {
UIApplication.SharedApplication.InvokeOnMainThread(delegate
{
        var content = new UNMutableNotificationContent();
content.Title = title;
content.Subtitle = title;
content.Body = body;
content.Sound = UNNotificationSound.Default;

var trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger.CreateTrigger(5, false); //5秒後に通知、リピートしない
//日時を指定する場合は以下の方法
//NSDateComponents components = new NSDateComponents();
//components.TimeZone = NSTimeZone.DefaultTimeZone;
//components.Year = _notifyDate.LocalDateTime.Year;
//components.Month = _notifyDate.LocalDateTime.Month;
//components.Day = _notifyDate.LocalDateTime.Day;
//components.Hour = _notifyDate.LocalDateTime.Hour;
//components.Minute = _notifyDate.LocalDateTime.Minute;
//components.Second = _notifyDate.LocalDateTime.Second;
//var calendarTrigger = UNCalendarNotificationTrigger.CreateTrigger(components, false);

var requestID = "notifyKey";
content.UserInfo = NSDictionary.FromObjectAndKey(new NSString("notifyValue"), new NSString("notifyKey"));
var request = UNNotificationRequest.FromIdentifier(requestID, content, trigger);

UNUserNotificationCenter.Current.Delegate = new LocalNotificationCenterDelegate();

// ローカル通知を予約する
UNUserNotificationCenter.Current.AddNotificationRequest(request, (err) => {
if (err != null)
{
// Do something with error...
LogUtility.OutPutError(err.LocalizedFailureReason + System.Environment.NewLine + err.LocalizedDescription);
}
});
UIApplication.SharedApplication.ApplicationIconBadgeNumber += 1; // アイコン上に表示するバッジの数値
    });
}
    public void Off()
    {
UIApplication.SharedApplication.InvokeOnMainThread(delegate
{
//全ての送信待ちの通知を削除する場合
//UNUserNotificationCenter.Current.RemoveAllDeliveredNotifications();
//通知時に設定したキーを元に通知情報をキャンセル
UNUserNotificationCenter.Current.RemovePendingNotificationRequests(new string[] { "notifyKey" });
});
    }
}

※iOSでは通知をするためのユーザーの許可設定が必要です。
ユーザーに許可を促すためにRegistのメソッドを予め実行して許可を求めます。
xamarin_notification_ios_01.png


3.使用方法

前回の記事にサブタイトルが追加されたのみで他は同じです。
C#
//PCLのXaml.csファイルのロード時等に記述します。
public ContentPage()
{
//通知設定をiOSに登録
DependencyService.Get<INotificationService>().Regist();
}
//PCLのXaml.csファイルの任意の場所で記述します。
void OnNotificationClick(object sender, EventArgs e)
{
//通知を実行
DependencyService.Get<INotificationService>().On("タイトルテスト", "サブタイトル", "本文テスト");
}


4.アプリ起動時の通知を表示する機能

iOSではアプリが画面上で表示されていると通知が表示されません。そこで以下のように記述するとメッセージで表示してくれるようになります。

LocalNotificationCenterDelegate.cs
public class LocalNotificationCenterDelegate : UNUserNotificationCenterDelegate
{
#region Constructors
public LocalNotificationCenterDelegate()
{
}
#endregion

#region Override Methods
public override void WillPresentNotification(UNUserNotificationCenter center, UNNotification notification, Action<UNNotificationPresentationOptions> completionHandler)
{
// Do something with the notification
Console.WriteLine("Active Notification: {0}", notification);

// Tell system to display the notification anyway or use
// `None` to say we have handled the display locally.
completionHandler(UNNotificationPresentationOptions.Alert);
}
#endregion
}

また、iOSではBackground Fetchバックグラウンドタスクの2種類のバックグラウンド処理がありますが、バックグラウンド処理からローカル通知を呼び出す場合はInvokeOnMainThread内に記述する必要があります。詳しくは以下のURLをご参考ください。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-173.html




当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿
非公開コメント

アルバム

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。