記事一覧

UIActivityを使用して画像やファイルを共有する方法 | Xamarin.iOS


今回はUIActivityという他のアプリで画像やファイルや文字列を共有できる機能を呼び出す方法についてご紹介いたします。Androidではインテントを使用してアプリを呼び出し、引数を渡すことができますが、iOSではUIActivityViewControllerを使用して受け渡すことができます。


xamarin_ios_share_01.png



前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.3.0.795 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.4.270)
・macOS Sierra 10.12.4 / Xcode8.3.1 / Xamarin.iOS 10.6.0.10



1.PCLの記述方法

PCLプロジェクトにDependencySerivceから呼び出せるようにインターフェースを実装します。
※Androidでは使用しませんが、UIをXAMLで共通化している都合上、DependencyServiceで使用するのが便利です。

ISharedService.cs
namespace AppName.Services
{
    //DependencyServiceから利用する
public interface ISharedService
{
void Show(string text, byte[] image);
}
}



2.Androidの実装方法

Androidプロジェクト内に以下のファイルを記述します。
Androidでは相当する機能が無い為、空のファイルとなります。

SharedService.cs
[assembly: Dependency(typeof(SharedService))]
namespace AppName.Droid.Services
{
    public class SharedService : ISharedService
{
public void Show(string text, byte[] image)
{
//iOS用
}
}
}



3.iOSの実装方法

iOSプロジェクト内に以下のファイルを記述します。

SharedService.cs
using Foundation;
using UIKit;
using Xamarin.Forms;
[assembly: Dependency(typeof(SharedService))]
namespace AppName.iOS.Services
{
    public class SharedService : ISharedService
{
public void Show(string text, byte[] image)
{
var objText = NSObject.FromObject(text);

//バイト配列からUIImageを取得
var data = NSData.FromArray(image);
var uiimage = UIImage.LoadFromData(data);

var items = new[] { objText, uiimage };

//ファイルの場合は以下のようにします。
//if (!String.IsNullOrEmpty(text) &&
// text.StartsWith("/"))
//{
// NSData file = NSData.FromFile(text);
// items = new NSObject[] { file, objText }; //順番はファイルが先、文字列が後
//}

//URLの場合は以下のようにします。
//if (!String.IsNullOrEmpty(text) &&
// System.Text.RegularExpressions.Regex.IsMatch(
// text.ToLower(),
// @"\As?https?://[-_.!~*'()a-zA-Z0-9;/?:@&=+$,%#]+\z"))
//{
// NSUrl url = new NSUrl(text);
// items = new NSObject[] { url, objText };
//}

var avc = new UIActivityViewController(items, null);

//iOS11以降の場合は画像のファイルフォーマットがHEIFに変更になっている関係上
//「画像を保存」機能でクラッシュします。
if (UIDevice.CurrentDevice.CheckSystemVersion(11, 0))
{
//除外機能の設定
avc.ExcludedActivityTypes = new NSString[] { UIActivityType.SaveToCameraRoll };
}

UINavigationController controller = this.FindNavigationController();
if (controller != null)
{
controller.PresentViewController(avc, true, null);
}
}

private UINavigationController FindNavigationController()
{
//Check to see if the rootviewcontroller is the navigationcontroller.
foreach (var window in UIApplication.SharedApplication.Windows)
{
if (window.RootViewController == null)
{
continue;
}
if (window.RootViewController.NavigationController != null)
return window.RootViewController.NavigationController;
else
{
UINavigationController val = this.GetSubController(window.RootViewController.ChildViewControllers);
if (val != null)
return val;
}
}
return null;
}

private UINavigationController GetSubController(UIViewController[] controllers)
{
foreach (var controller in controllers)
{
if (controller.NavigationController != null)
return controller.NavigationController;
else
{
UINavigationController val = this.GetSubController(controller.ChildViewControllers);
if (val != null)
return val;
}
}
return null;
}
}
}



4.使用方法

PCLプロジェクトの中の任意のページに記述します。
文字列と画像を受け渡しして共有します。
画像の場合はImageコントロールのImageSourceをバイト配列に変換してからDependencyServiceに受け渡します。
バイト配列に変換する方法は以前の記事「ImageSourceからSystem.IO.Streamに変換する方法」「System.IO.Streamをバイト配列(Byte[])に変換する方法」をご確認ください。

TestPage.xaml.cs
void OnShareClick(object sender, EventArgs e)
{
    byte[] byteArray = null;
if (this.imgPicture.Source.GetType() == typeof(StreamImageSource))
{
//ImageSourceからStreamを取得する
Stream stream = ImgConverter.GetStreamFromImageSource(this.imgPicture.Source);
//Streamをバイト配列に変換する
byteArray = ImgConverter.GetByteArrayFromStream(stream);
}

//UIActivityを表示する
DependencyService.Get<ISharedService>().Show("test", byteArray);
}






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。