記事一覧

macOS High SierraでXamarin.iOS環境を再構築する手順について | Xamarin.iOS


今回は macOS High Sierra を新規インストールしたことに伴い、久々にmacOS上のXamarin環境を再構築する必要が出てきましたので、手順についてまとめてみました。


xamarin_high_sierra_01.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS High Sierra 10.13 / Xcode9.0.1 / Xamarin.iOS 11.0.0.0



1.インストール

・Xcode (AppStore)
・Xamarin.Studio 6.0.2.73 (Xamarin公式ページ)
・Xamarin.iOS 11.0.0.0 (Xamarin公式ページ)
・Mono Framework 5.2.0.224 (Mono公式ページ)
・ObjectiveSharpie (Xamarin公式ページ) ※必要があれば



2.設定

(1)全てのフォルダ/ファイルを表示する
  ・ターミナルから以下のコマンドを実行します。
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
killall Finder

(2)Xamarin.Studio
  →Check for Updatesから自動更新しないように

(3)Xamarin Mac Agent の設定
 ・システム環境設定>共有>リモートログイン
  →ログインユーザーを追加
 ・/etc/ssh/sshd_config に「UseDNS no」
  →テキストエディタで開き、追加します。

(4)Xcodeの設定
  Xcode>Preferences>Accounts>AppleIDを追加
  プロビジョニングをインストール

(5)キーチェーンアクセス
  各種証明書をインストール
  ※移行元のmacが存在する場合は、移行元から証明書と秘密鍵を書き出し、移行先のmacでインポートしましょう。秘密鍵がないと、動作しません。


あとは macOS 再起動して動作を確認します。




最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。