記事一覧

Windows10 で macOS Sierra を VMware 上にインストールする | osx86 hackintosh


最新のMacである、macOS Sierra を VMware で動作させてみました。
「OS X」 の名前から 「macOS」と異なるバージョンに思えますが、
バージョンは10.12なんですね。


【前提条件】
前回の記事と同様です。
・Windows10 Core i7
・VMwareバージョン:12
・AppleIDの登録
・OS X Snow Leopard 10.6.8
   (事前にアマゾンまたはAppleでCDを購入しインストール)こちらを参考に
・OS X Lion 10.7.5 (AppStoreから購入&ダウンロード) 


1.前提OSのインストール

Snow Leopardのインストールは以下のURLにてご紹介しております。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
Lionのインストールは以下のURLにてご紹介しておりますので、ご参考ください。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-31.html


2.Sierraのインストール

Lionから App Store にて Sierra をダウンロード&インストール(Lionからだと無料です)することで、特に設定変更することなく、Sierra が立ち上がってきました。
今回は特にクリーンインストールはしていません。
アップグレードのみとなります。

ただし、ネットワークの設定は初期化されていましたので、
再設定が必要でした。

sierra.png


あとは VMware Tools がインストールできません。
これは調査中ですが、旧Lionにてインストールしていたものも動作しておらず、
新しくインストールすることもできません。(インストール中に警告が出ますが、強制的にインストールしても失敗します。)


VMware Tools がインストールできなかった原因は、古いバージョンのツールをインストールしようとしていたからだと思われます。VMware Player の画面左上の「Player(P)」というメニュー→管理→「VMware Tools を更新する」からインストールができました。


次回の記事ではmacOS Sierraにアップグレードする方法についてご紹介しております。


関連記事

コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。