記事一覧

フォルダを圧縮してZipファイルを作成する方法 | Xamarin.Forms


今回は Xamarin.Forms でフォルダを圧縮して Zip ファイルを作成する方法についてご紹介いたします。
PCL のみで実装できるように SharpZipLib を採用しました。尚、解凍する方法については前回の記事「Zipファイルを解凍する方法」にてご紹介しています。


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.8.0.760 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.6.1.4



1.PCLの記述方法

まずは NuGet パッケージマネージャから SharpZipLib で検索してインストールします。

xamarin_SharpZipLib_01.png


次に PCL プロジェクトのページ等に以下のように実装するだけです。
TestPage.xaml.cs
void OnCompressButtonClick()
{
string zipfilePath = "作成するzipファイルのフルパス";
string folderPath = "保存先のフォルダパス";
string password = "zipパスワード";
    ICSharpCode.SharpZipLib.Zip.FastZip zip = new ICSharpCode.SharpZipLib.Zip.FastZip();
if (!String.IsNullOrEmpty(password))
{
zip.Password = password;
}
zip.CreateZip(zipFilePath, folderPath, true, null, null);
}

※ CreateZip の引数として作成する zip ファイル名称と保存先のフォルダ名称を渡していますが、引数を逆にしていたり、間違ったディレクトリだとExceptionが発生しますので、ご注意ください。私はそれで結構ハマりました。
※サブディレクトリを含むフォルダ階層もそのままの構造で圧縮できていました。すごく便利で簡単ですね。





最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。