記事一覧

Visual Studio 2015 で新しい Android Virtual Device (AVD) を作成する方法 | Xamarin.Android


今回は Visual Studio 2015 でアンドロイドの開発中に、様々なAndoidバージョンのデバッグができるようにするための操作をご案内します。



デフォルトでは APIレベル19のAndroid Virtual Device (AVD) のみしかなく、最新のバージョンで試してみたりしたいですよね。
市場に出回っている Android は様々なものがあり、APIレベル・デバイス毎のCPU・メモリー・解像度などの要素が異なります。
AVDを作成する際にはその要素を決定する必要があります。


前提
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Microsoft Visual Studio Emulator for Android
・Android SDK Tools
※Android SDK Manager にて各アンドロイドバージョンをダウンロード済みであること


1.Android Emulator Manager で AVD を作成する。


VSのメニュー ツール→ Android → Android Emulator Manager をクリックします。

androidvm_1.png


DeviceDefinitions タブから作成したい AVD のひな型を選択します。
今回はGoogle Play Developer Console にてエラーがよく出る Nexus 7 を選択します。
2012と2013がありますが、解像度が異なり、新しいものになります。

androidvm_2.png


Target:Android5.0.1 API Level 21
CPU :ARM armeabi-v7a
Skin : Skin with dynamic hardware controls
Memory: 1536 (※写真は2048になっていますが、2048だと起動しません。)

画面下に768MB以上だと起動が失敗する可能性があるとの警告が出ますが、無視してOKボタンを押下します。

androidvm_3.png


設定した内容で AVD が作成されます。

androidvm_4.png


AVD Manager に作成した AVD が表示されます。

androidvm_5.png


2.Visual Studio 2015 で デバッグする。


VS を再起動します。するとデバッグのデバイス選択に作成した AVD が出てきます。

androidvm_6.png


実行すると正しく起動します。

androidvm_7.png


メモリの量は1536MBで正しく起動しましたが、少しAndroidの操作が遅いですね。
もう少し調整の余地がありそうです。

関連記事

コメント

コメントの投稿
非公開コメント

アルバム

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。