記事一覧

Xamarin.Formsでアプリの情報を取得する方法 | Xamarin.Forms


Xamarin.Forms でアプリの名称やバージョン等のアプリ情報を取得する方法についてご紹介いたします。
※デバイスの情報(型番やメーカー名・OSのバージョン等)を取得する方法については以下のURLにてご紹介しています。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-179.html


appinfo_01.png



前提条件
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.2.0.719 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.2.127)
・macOS Sierra 10.12.1 / Xcode8.1 / Xamarin.iOS 10.2.0.4



1.PCLの実装

AndroidもiOSもそれぞれのプロジェクトの設定情報からアプリの情報を取得しますので、いずれも DependencyService にて記述します。
まずはPCLプロジェクトにてDependencySerevice用のインターフェースを用意します。

IAssemblyService.cs
public interface IAssemblyService
{
    string GetPackageName();
    string GetVersionName();
    int GetVersionCode();
}



2.Androidの取得方法。

Androidプロジェクトでの情報取得を実装します。
以下の図の赤枠の情報を取得します。

appinfo_02.png


AssemblyService.cs
using Xamarin.Forms;
[assembly: Dependency(typeof(AssemblyService))]
public class AssemblyService : IAssemblyService
{
//アプリ名称を取得する
public string GetPackageName()
{
Context context = Forms.Context; //Android.App.Application.Context;
var name = context.PackageManager.GetPackageInfo(context.PackageName, 0).PackageName;
return name;
}

//アプリバージョン文字列を取得する
public string GetVersionName()
{
Context context = Forms.Context; //Android.App.Application.Context;
var name = context.PackageManager.GetPackageInfo(context.PackageName, 0).VersionName;
return name;
}

//アプリバージョンコードを取得する
public int GetVersionCode()
{
Context context = Forms.Context; //Android.App.Application.Context;
var code = context.PackageManager.GetPackageInfo(context.PackageName, 0).VersionCode;
return code;
}
}



3.iOSの取得方法。

iOSプロジェクトでの情報取得を実装します。
以下の図の赤枠の情報を取得します。

appinfo_03.png


AssemblyService.cs
using Foundation;
using Xamarin.Forms;
[assembly: Dependency(typeof(AssemblyService))]
public class AssemblyService : IAssemblyService
{
//アプリ名称を取得する
public string GetPackageName()
{
string name = NSBundle.MainBundle.InfoDictionary["CFBundleDisplayName"].ToString();
return name.ToString();
}
//アプリバージョン文字列を取得する
public string GetVersionName()
{
string name = NSBundle.MainBundle.InfoDictionary["CFBundleVersion"].ToString();
return name.ToString();
}
//アプリバージョンコードを取得する
public int GetVersionCode()
{
var code = NSBundle.MainBundle.InfoDictionary["CFBundleShortVersionString"].ToString();
return int.Parse(code);
}
}



3.PCLの実装

PCLで呼び出すコードを記述します。

TestPage.cs
public class TestPage
void OnButtonClick(object sender, EventArgs e)
{
//アプリ名称を取得する場合
string pkgName = DependencyService.Get<IAssemblyService>().GetPackageName();
//アプリバージョン文字列を取得する場合
string verName = DependencyService.Get<IAssemblyService>().GetVersionName();
//アプリバージョンコードを取得する場合
string verCode = DependencyService.Get<IAssemblyService>().GetVersionCode().ToString();
}
}






当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。