記事一覧

System.ObjectDisposedException: Cannot access a disposed object. Object name: 'Android.Views.GestureDetector'. | Xamarin.Forms


データ量の多いまたはImageSourceがバインドされたListViewやGridを何度も再描画させたり、連続でスワイプやタップして、負荷をかけると、以下のようなエラーが表示され、アプリがクラッシュします。(Androidのみで発生します。iOSでは発生しません。)

System.ObjectDisposedException: Cannot access a disposed object. Object name: 'Android.Views.GestureDetector'.

CannotAccessaDisposedObject_00.png


前提条件
・Windows10
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.2.0.719 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.2.127)
・macOS Sierra 10.12.1 / Xcode8.1 / Xamarin.iOS 10.2.0.4


ベータ版の NuGet パッケージである Xamarin.Forms 2.3.3.166-pre4 でも修正されておりませんでした。
似たようなバグ情報も以下に挙がっています。
https://bugzilla.xamarin.com/show_bug.cgi?id=42678

また、ListViewの場合、CachingStrategyを有効にすると発生しなくなりますが、CachingStrategyはViewCellの外観を変更することができなくなるため、有効にしたくありません。よって、今のところ根本的な解決手段がないのです。
NuGetパッケージのソースをダウンロードして、自己責任で修正したDLLを参照設定するしかないでしょう。その場合、新しいバージョンがリリースされる度に行わなくてはいけないのが懸念事項ですね。


2017/04/01追記
Xamarin 4.3.0.784 (NuGet Xamarin.Forms 2.3.4.224)にて修正が確認できています。バージョンアップしましょう。



当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。