FC2ブログ

記事一覧

ダウンロードしたMac OS X Lionのファイルから起動USBを作成する方法 | OSx86 Hackintosh


Lionを App Store からダウンロードし、インストールする前に(再起動前に)ダウンロードしたファイルからUSBの起動ディスクを作成する手順を説明します。

1.VMware上でUSBを認識させる

VMware上のMacでUSBフラッシュを認識させるには、VMwareのゲストOSの設定で、USBコントローラの設定は以下の図のようにデフォルトでなければいけません。
さらには、ホストマシンに余計なUSB(開発用のシリアルUSBキーやその他のUSB装置等)は取り除いておきます。
また、ホストOS上のサービス「VMware USB Arbitration Service」が起動しているかどうか確認してください。
(※サービスはコンピュータの管理から確認できます。)

LionBootUsb1.png


2.Lionのディスクイメージを探す

Finderを開き、アプリケーションの中に「Mac OS X Lion インストール」があります。

LionBootUsb2_1.png


「Mac OS X Lion インストール」を右クリックすると、「パッケージの内容を表示」という項目がありますので、それをクリックします。

LionBootUsb2_2.png


中身を順に追っていき、、Contents/ShreadSupport/InstallESD.dmgファイルまでたとりついたら、
InstallESD.dmgをダブルクリックし、マウントします。

LionBootUsb2_3.png


3.USBのフォーマット

ゲストOSにマウントされているUSBはディスクユーティリティの中に表示されています。
「消去」タブからフォーマットします。
フォーマットは Mac OS 拡張(ジャーナリング)を選択します。
名前は任意です。準備ができ次第、消去ボタンからフォーマットします。

LionBootUsb3.png


4.USBに書き込み

フォーマットが終わったら、そのままディスクユーティリティの「復元」タブから書き込みをします。
ソースには「InstallESD.dmg」からドラッグしてきます。
復元先には先ほどどーマットしたUSBのディスク名称をドラッグします。
復元ボタンを押下すると書き込みが始まります。20分から30分ほどで出来上がりです。

LionBootUsb4.png

関連記事

コメント

コメントの投稿

※名前とタイトルが入力されていないコメントでは他のコメントとの区別ができません。

 入力されていないコメントには返信しませんのであらかじめご了承くださいませ。

※ニックネームでも良いので必ずご入力ください。

    

※必ずご入力ください。

    
    

※必ずご入力ください。

※技術的な質問には環境やエラーについて正確かつ詳細にお教えください。

・正確なエラーの内容

・Windowsのバージョン番号

・Visual Studioのバージョン

・機器の型番

・アプリやソフトのバージョン

    

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。