FC2ブログ

記事一覧

SMSを送信する方法 | Xamarin.Forms


今回はXamarin.FormsでSMSのメールを送信する方法についてご紹介いたします。
iOSとAndroidで同じ呼び出しコードにするため、毎度お馴染みDependencyServiceでの記述になりますが、Androidでは少し気を付ける点があります。
通常のEメールを送信したい場合は、以前の記事「Xamarin.Formsでメールを送信する方法」をご参考ください。


iOS10
xamarin_sms_01.png
Android6.0
xamarin_sms_02.jpg



前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.0.0.0



1.PCLの記述方法

PCLプロジェクト内にDependencyServiceで呼び出すためのインターフェースを配置します。
ISmsService.cs
namespace AppName.Services
{
//DependencyServiceから利用する
public interface ISmsService
{
/// <summary>
/// SMSを開始する
/// </summary>
/// <param name="phoneNumber">電話番号(iOSはキャリアのメールアドレスも可)</param>
bool CanStartService(string phoneNumber, ref string err);
}
}



2.Androidの実装方法

Androidプロジェクト内にSmsServiceクラスを配置します。

SmsService.cs
using System;
using Android.Content;
using Xamarin.Forms;
using AppName.Services;
using AppName.Droid.Services;
[assembly: Dependency(typeof(SmsService))]
namespace AppName.Droid.Services
{
public class SmsService : ISmsService
{
public bool CanStartService(string phoneNumber, ref string err)
{
try
{
//バックグラウンドで直接送信する場合は以下のように記述します。
//AndroidManifest.xmlにSEND_SMSのパーミッション設定が必要です。
//SmsManager.Default.SendTextMessage("1234567890", null,
// "Hello from Xamarin.Android", null, null);

//フォアグラウンドで開きます。
//送信先を設定
var smsUri = Android.Net.Uri.Parse("smsto:" + phoneNumber);
var smsIntent = new Intent(Intent.ActionSendto, smsUri);

//本文を設定する
//smsIntent.PutExtra("sms_body", "Hello from Xamarin.Android");

//SMSアプリを表示する
Forms.Context.StartActivity(smsIntent);
return true;
}
catch (Exception ex)
{
err = ex.Message;
Console.WriteLine(ex.Message + System.Environment.NewLine + ex.StackTrace);
return false;
}
}
}
}



3.iOSの実装方法

iOSプロジェクト内にSmsServiceクラスを配置します。
SmsService.cs
using System;
using Foundation;
using UIKit;
using Xamarin.Forms;
using AppName.iOS.Services;
using AppName.Services;
[assembly: Dependency(typeof(SmsService))]
namespace AppName.iOS.Services
{
public class SmsService : ISmsService
{
public bool CanStartService(string phoneNumber, ref string err)
{
try
{
//送信先を設定
var smsTo = NSUrl.FromString("sms:" + phoneNumber);
if (UIApplication.SharedApplication.CanOpenUrl(smsTo))
{
//SMSアプリを表示する
UIApplication.SharedApplication.OpenUrl(smsTo);
return true;
}
else
{
// warn the user, or hide the button...
return false;
}
}
catch (Exception ex)
{
err = ex.Message;
Console.WriteLine(ex.Message + System.Environment.NewLine + ex.StackTrace);
return false;
}
}
}
}



4.使用方法

PCLプロジェクトの中の任意のページに記述します。
TestPage.xaml.cs
using AppName.Services;
using Xamarin.Forms;
public class TestPage : ContentPage
{
async void OnSmsButtonClick()
{
    string err = String.Empty;
bool canStart
= DependencyService.Get<ISmsService>().CanStartService("09011112222", ref err);
if (!canStart)
{
await myPage.DisplayAlert("SMS送信", err, "OK");
}
}
}

※SMSの送信はプロバイダ契約が必要です。
※SMSの送信は通信料がかかります。
※テストを行う場合は実機で行ってください。




最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。