FC2ブログ

記事一覧

VMwareのmacOS SierraをHigh Sierraにアップグレードする方法 | OSx86 Hackintosh


今回は VMware で動作する macOS Sierra を High Sierra にアップグレードしてみました。しかし正常に起動する為には少し設定が必要でしたので、ご紹介したいと思います。
尚、前提となりますOSのインストール方法については以前の記事「Windows10 で macOS Sierra を VMware 上にインストールする方法」にてご紹介しておりますので、ご参考ください。
また、新規にインストールしたい場合は、次の記事「VMware に macOS High Sierra を新規インストールする方法」をご参考ください。



【前提条件】
・Windows10 Pro 64Bit Core i7
・VMware Workstation 12 Player
・macOS Sierra 10.12.6



1.システム要件

Appleの公式サイトにアップグレードする為のシステム要件が記載されていますので、ご確認ください。
macOS High Sierra へのアップグレード条件
https://www.apple.com/jp/macos/how-to-upgrade/



2.ダウンロード

まずはAppStoreから macOS High Sierra10.13 のインストーラーをダウンロードします。ダウンロードには数分かかります。

osx86_high_sierra_01.png



3.インストール

インストールの前に後に説明しております起動に関する追加の設定が必要ですので、その設定を済ませてからインストーラを起動してください。
設定が済みましたら、インストーラが起動し、続行します。

osx86_high_sierra_02.png


使用許諾契約に同意します。

osx86_high_sierra_03.png


アップグレードするOSがインストールされているHDDを選択します。

osx86_high_sierra_04.png


準備ができたら、再起動ボタンを押下します。

osx86_high_sierra_05.png


再起動後、40~50分ほどかかります。

osx86_high_sierra_06.png


インストールが完了し、再起動したところで、トラブルです。
Bootしません。。。

osx86_high_sierra_07.png



4.追加の設定

ハードディスクをSSDに保存しているVMの場合、VMwareのVMXファイルの中身に以下の項目「virtualSSD」の設定が必要だということが分かりました。
追加して再度OSをインストールしたところ正常に起動してきました。
smc.version = "0"
sata0:0.virtualSSD = "0"

※sata0:0 はハードディスクの番号です。
 仮想マシンの設定から起動するOSをインストールするHDDの詳細から確認してから修正してください。

osx86_high_sierra_18.png



5.起動

無事に起動することができました。

osx86_high_sierra_10.png


最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。