FC2ブログ

記事一覧

macOS High Sierra を VMware に 新規インストールする方法 | OSx86 Hackintosh


今回は Windows10 上の VMware に macOS High Sierra を新規インストールする方法についてご紹介したいと思います。
前回は「macOS Sierra から High Sierra にアップグレードする方法」をご紹介してしますが、その際に SSD に保存している場合に設定が必要でした。今回のクリーンインストールの方法でも同様に必要です。
また、macOS High Sierra をダウンロードするための前提のゲストOSをインストールする方法については過去の記事でご紹介していますので、ご参考ください。



【前提条件】
・Windows10 Pro 64Bit Core i7
・VMware Workstation 12 Player(Unlocker V2.0.8が適用済みであること)
・OS X 10.7 Lion 以降



1.システム要件

Apple の公式サイトにインストールする為のシステム要件が記載されていますので、ご確認ください。
macOS High Sierra へのインストール条件
https://www.apple.com/jp/macos/how-to-upgrade/



2.インストールディスクの作成

(1)まずは AppStore から macOS High Sierra10.13 のインストーラーをダウンロードします。ダウンロードには数分かかります。

osx86_high_sierra_01.png


(2)ダウンロードが完了したら、VMware の仮想マシン設定から既存のゲスト OS に新しい HDD を追加します。
・SATA
・仮想ディスクの新規作成
・ディスク最大サイズ:7~8GB程度
 ※実際は5~6GBほど使用します。
・今すぐ全ディスク容量を割り当てるにチェック
・仮想ディスクを単一ファイルとして格納
・ファイル名:HighSierraInstaller.vmdx


(3)新しいHDDを追加できたら、ディスクユーティリティでフォーマットします。
新しいHDDがディスクユーティリティで確認ができない場合は、OSを再起動します。
また、ここで入力する名前は次のステップで入力するコマンドで重要となりますので、よく確認して入力してください。

osx86_high_sierra_21.png


(4)次にターミナルから以下のコマンドを入力します。
ダウンロードしたインストーラの中身に存在する createinstallmedia を使用して新しく追加したHDDに起動可能なインストーラを作成するコマンドです。

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/HighSierraInstaller --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app --nointeraction

※"\"マークは macOS 上でバックスラッシュに置き換えられます。
※ createinstallmedia の構文について詳しくは以下の Apple 公式ページをご参考ください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201372



3.新しいVMを作成

新規OSをインストールする為のVMを新たに作成します。
後でOSをインストールを選択します。

osx86_high_sierra_22.png


Apple Mac OS X 10.11 以降を選択します。
表示されない場合は、Unlocker V2.0.8 をインストールしてください。

osx86_high_sierra_23.png


マシン名と保存場所を任意で入力します。

osx86_high_sierra_24.png


ディスク容量はいずれ増えていきますので60GB程はあった方が良いでしょう。

osx86_high_sierra_25.png


次に仮想マシンの設定から、先ほど新しく作成したHDDをインポートします。
・SATA
・既存の仮想ディスクを使用
・既存の形式を保持

osx86_high_sierra_26.png



4.VMXファイルに追加

Unlocker を使用して起動する為、smc.version = "0" が必要です。
さらに ハードディスクファイルをSSDに保存しているVMの場合、VMwareのVMXファイルの中身に以下の項目「virtualSSD」の設定を追加します。
smc.version = "0"
sata0:0.virtualSSD = "0"

※sata0:0 はハードディスクの番号です。
 仮想マシンの設定から起動するOSをインストールするHDDの詳細から確認してから修正してください。

osx86_high_sierra_18.png


その他、起動に必要な設定がありますので、以前の記事「VMwareにmacOSをインストールする場合のVMXファイルの設定方法」を参考ください。



5.インストール

インストールディスクが起動します。
言語を選択して次に進みます。

osx86_high_sierra_11.png


新規作成したHDDをフォーマットする為にディスクユーティリティを起動します。

osx86_high_sierra_12.png


全てのデバイスを表示します。

osx86_high_sierra_13.png


消去ボタンから、インストールするHDDをフォーマットします。
フォーマット: Mac OS拡張(ジャーナリング)
方式:GUIDパーティションマップ

osx86_high_sierra_13_2.png


ディスクユーティリティを終了し、macOS インストールに進みます。

osx86_high_sierra_14.png


先ほどフォーマットしたHDDを選択してインストールを開始します。

osx86_high_sierra_15.png


数分待ちます。

osx86_high_sierra_16.png


再起動後、さらにインストールに30分ほどかかります。

osx86_high_sierra_17.png



6.起動

macOS High Sierra が起動し、初期設定が始まります。
このウィザード、VoiceOver について音声でしゃべります。少しびっくりしますが、音量には注意してください。

osx86_high_sierra_19.png


ウィザードに従い設定していくと、無事新しい High Sierra が起動してきます。

osx86_high_sierra_20.png





最後までお読みいただきありがとうございます。
いかがでしたでしょうか。他にも 「macOS Mojave を VMware に 新規インストールする方法」の記事を投稿しておりますのでよろしければご参考くださいませ。



関連記事

コメント

新版
いつも参考にさせていただいています。
とても丁寧な説明感謝です。

VMware Workstation 14Playerにもインストールできましたので、参考にしたリンク貼り付けておきますね。中国語ですがこちらも結構詳しく書かれてます。


また、メモリ系の設定を入れるとかなり体感早くなりました。
MemTrimRate = "0"
mainMem.useNamedFile= "FALSE"
sched.mem.pshare.enable = "FALSE"
prefvmx.useRecommendedLockedMemSize = "TRUE"
MemAllowAutoScaleDown = "FALSE"

ご存知かもしれませんがご参考までに。
No title
リンク
ttps://blog.csdn.net/u011415782/article/details/78505422
Re: 新版
コメントありがとうございます。

VMwareの新しいバージョンも出ているんですね。
メモリの設定も大変参考になります。

私も使用して検証してみますね~。
Re: High Sierraインストーラダウンロードできない2
>>>High Sierraインストーラダウンロードできない
>>>
>>>分かりやすい記事ありがとうございます。
>>>Win10pro64bit,PentiumG3258,VMware Player v.6.0.7,
>>>GuestOS 10.12.6Sierraの環境です。
>>>アップルサポート記事(macOS High Sierraにアップグレードする方法HT208969)のなかの「こちらのリンクを使ってAppStoreからHIghSierraを入手してください」でインストーラを入手しましたが22.7MBしかありません。sudoコマンドを入力しましたが当然ながらinvalid appと表示されます。もう正式のインストーラは入手できないのでしょうか?又入手する方法はないのでしょうか?よろしくお願いします。
>>>19/08/01 hidejiiji


>>Re: High Sierraインストーラダウンロードできない
>>hidejiijiさん
>>
>>当ブログをご覧いただきありがとうございます。
>>同様の手順内容でMojaveからダウンロードできました。サイズは5.22GBで20分ほどかかりますが、ダウンロードできそうです。
>>Sierra 10.12.6 のAppStoreからダウンロードされていれば大丈夫なはずです。
>>私の認識ではSierra以降のインストーラーはmacOSのAppStoreからのみいつでもダウンロードが可能だと思います。
>>19/08/02 石河 純


>High Sierraインストーラダウンロードできない2
>
>早速のコメントありがとうございます。Sierraインストーラは正式な5GBをダウンロードできるのですが、High Sierraインストーラはダウンロードしても22.7MBのものでダメです。vmplayer6.0.7が古すぎるのかもしれません。
>ところで、8月1日にコメントを投稿しましたとき、公表されることを忘れメールアドレスを入力してしまい、公表状態になっており困っております。ブログコメント欄に書き込まれたメールアドレスを公表されないようにする処理をお願い申し上げます。当方の知識不足でご迷惑をおかけしますが、なにとぞ善処いただけますようお願い申し上げます。
>19/08/03 hidejiiji


hidejiijiさん

メールアドレスだけ削除はできませんでしたの、取り急ぎコメントを削除させていただきました。
ここに今までのやり取りを残させていただきます事はお許しください。

また、私の勘違いで失礼いたしました。
High Sierra ですね。再度検証してみますので、今しばらくお待ちください。
Re: Re: High Sierraインストーラダウンロードできない2
hidejiijiさん

勘違いかと思いましたが、やはり High Sierra をダウンロードしておりまして、続きからダウンロードされました。
ダウンロード後も5.24GBと表示されていました。
あいにく Mojave なのでOSダウングレードはできないようでインストールはできませんでしたが、正常に動作しそうでした。
検証しました結果、ダウンロードも正常にできますので、正常にインストールは可能な状態だと思われます。

エビデンスは以下のURLに先頭Hを付加したアドレスにてご確認ください。
ttps://blog-imgs-130.fc2.com/i/t/b/itblogdsi/highsierra_download_01.png
※日時が今現在2019/08/04 AM2:30頃と異なって表示されてますが、アメリカのロスの時刻となっていました。

尚、VMwareのバージョンはOSのダウンロードやインストールには影響しません。インストール後にVMXファイルの設定により対応しない場合はOSが起動しない場合があります。大変恐縮ではございますが、おそらく High Sierra もインストールはできても起動はしないと思います。
また、High Sierra はOSの動作が不安定なのでお勧めしません。Mojaveの新規インストール方法もご紹介していますので、ご参考ください。
石河様のVMX設定に感謝です
8月初に質問させていただいたhidejiijiです。今回ようやくmojaveを新規
インストールできました。経過とお礼を投稿させていただきます。

使用パソコン自作、MB:Asrock B85M Pro4,CPU:Pentium G3258,メモリ:8GB
ホストOS:windows 10 pro 64bit、 VM workstation player 12 (v.12.5.9)

(1)Player 12で仮想マシン上のSierraを再生できず、途方にくれましたが、石河様のvmx設定記事を拝見し、cpuid.1.eax="0000:0000:0000:0001:0000:0110:1010:0101"、およびmainMem.useNamedFile = "FALSE"2行をvmxに追記して再生できるようになりました。
大変ありがとうございます。
(2)しかし、正常なMojaveインストーラをダウンロードできず、22.8MBのものしかダウンロードできない状況は変わりませんでした。(22.8MBインストーラにはShared Support フォルダがない、InstallESD.dmg=5.54GBがない)
(3)やむを得ず、この22.8MBのMojaveインストーラを開き、SierraからMojaveへのアップグ
レードを試したところ、あっさりとMojaveへアップグレードできました。そして、このMojaveから正常な
Mojaveインストーラ(6.05GB)をダウンロードできました。
(4)このMojaveインストーラから起動ディスクをターミナルコマンドで作成し、新規仮想マシンを作成
しようやく、Mojaveを新規インストールできました。

22.8MBのインストーラでSierraからMojaveへアップグレードをネットにつながった環境で実施したため
InstallESD dmgや、その他必要なファイルがインターネット上からダウンロードされアップデートできたの
でしょうか?私には皆目わかりません。

1か月半ネット検索をしていて、vamare EFI Boot Managerを表示させる方法、macOS ユーティリティで起動する方法など副産物も得ることができました。
しかし、石河さまのvmx設定記事がなければすべては始まりませんでした。ありがとうございました。
Re: 石河様のVMX設定に感謝です
hidejiijiさん

大変お疲れさまでした。
長い戦いでしたね。無事目的を達成できたことを心よりお祝い申し上げます。

旧バージョンのmacOSでは正しくダウンロードできないケースがあるのでしょうか。
多様なケースに対応できていない点につきましては大変申し訳なく思います。
今回のhidejiijiさんのご投稿が他の方の助けとなると良いですね。

ただ、私の経験上ではVMが正しく再生できない場合につきましては、おおよそVMXの設定に原因がありました。

OSx86に関する記事につきましては、正しく検証されていない記事や情報がネットに沢山あり、私自身もどの内容を信じてよいのかわからなかったことから、当ブログで設定に関する内容をご紹介する経緯となりました。
これからも多くの人の助けとなるよう尽力して参りますので、よろしくお願いいたします。
コメントの投稿

※名前とタイトルが入力されていないコメントでは他のコメントとの区別ができません。

 入力されていないコメントには返信しませんのであらかじめご了承くださいませ。

※ニックネームでも良いので必ずご入力ください。

    

※必ずご入力ください。

    
    

※必ずご入力ください。

※技術的な質問には環境やエラーについて正確かつ詳細にお教えください。

・正確なエラーの内容

・Windowsのバージョン番号

・Visual Studioのバージョン

・機器の型番

・アプリやソフトのバージョン

    

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。