FC2ブログ

記事一覧

サポートされるアーキテクチャについて | Xamarin.iOS


今回はXamarin.iOSアプリのビルド設定にあるサポートされるアーキテクチャについてご説明させていただきます。


xamarin_supportarch_01.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.0.0.0



1.アーキテクチャ

Xamarin.iOSで設定できるアーキテクチャは以下の通りです。
32bitまたは64bitに分かれ、デバイス毎に使用されているものが異なります。

アーキテクチャ32/64bitデバイス
ARMv7 32bit iPhone3GS 以降
ARMv7s 32bit iPhone5 以降
ARM64 64bit iPhone5S 以降
ARMv7k 32bit Apple Watch
i386 32bit Simulator
x86_64 64bit Simulator



2.ビルドエラー

デフォルトの設定で32bitのアーキテクチャを追加すると以下のようなビルドエラーが出力されます。
Invalid architecture: i386. 32-bit architectures are not supported when deployment target is 11 or later.



3.設定方法

(1)32bitのアーキテクチャをサポートしないように設定する。
iPhone : ARM64 (のみ)
iPhoneSimulator : x86_64 (のみ)

または
(2)MinimumOSVersionを設定することで32bitに対応する
Info.list をXMLエディタで開き、以下を追加します。
<plist version="1.0">
<dict>
  <key>MinimumOSVersion</key>
  <string>8.0</string>
</dict>
</plist>

※上記を追加した後にiOSマニフェストエディタで開くと項目自体が削除されてしまいますので注意が必要です。






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。