FC2ブログ

記事一覧

iPhone X で実行されているかデバイスを判別する方法 -iOS端末識別方法- | Xamarin.Forms


今回はXamarinでiPhoneの種類を識別する方法をご紹介します。
iOSのバージョンを識別する方法は以前の記事「デバイス情報を取得する方法」でご紹介しておりますが、iPhone が iPhone 8 なのか iPhone X なのかを判別する関数はアップルからは提供されておりませんので、画面サイズを元に識別することにしました。



前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.0.0.0



1.iOSの実装方法

iOSプロジェクトに以下のメソッドを実装します。
以前の記事のDeviceService.csに追加しても良いでしょう。

public static string GetModelNumber()
{
    if (UIDevice.CurrentDevice.UserInterfaceIdiom == UIUserInterfaceIdiom.Phone)
    {
        switch ((int)(UIScreen.MainScreen.NativeBounds.Height))
        {
            case 1136:
                //iPhone5 or lator
                return "5";
            case 1334:
                //iPhone6 or lator
                return "6-8";
            case 2208:
                //iPhone6Plus or lator
                return "Plus";
            case 2436:
                //iPhoneX
                return "X";
        }
    }
    else if (UIDevice.CurrentDevice.UserInterfaceIdiom == UIUserInterfaceIdiom.Pad)
    {
        switch ((int)(UIScreen.MainScreen.NativeBounds.Height))
        {
            case 2048:
                //iPad or mini 4
                return "";
            case 2224:
                //iPad Pro
                return "Pro";
            case 2732:
                //iPad Pro
                return "Pro";
        }
    }
    return String.Empty;
}



2.使用方法

AppDelegate.cs内に記述してPCLのstaticな変数にでも予め取得しておくと良いでしょう。

Common.cs
public static string ModelNumber { get; set; }

AppDelegate.cs
public partial class AppDelegate : global::Xamarin.Forms.Platform.iOS.FormsApplicationDelegate
{
    public override bool FinishedLaunching(UIApplication app, NSDictionary options)
    {
        global::Xamarin.Forms.Forms.Init();

//デバイスの種類を取得する
        Common.ModelNumber = DeviceService.GetModelNumber();

        LoadApplication(ap);
        return base.FinishedLaunching(app, options);
    }
}







最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。