FC2ブログ

記事一覧

音楽ファイルをアプリ内で再生する方法 | Xamarin.Forms


今回はXamarin.Formsで音楽ファイルをアプリ内で再生する方法をご紹介いたします。ただし、iOSとAndroid共にアプリ内で再生するよりも、外部アプリで再生する方法の方がUIが整っている点において簡単に実装できます。詳しくは以前の記事「拡張子に対応するアプリでファイルを開く方法」にてご紹介しておりますので、ご参考ください。



前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.0.0.0



1.PCLの記述方法

PCLプロジェクト内にDependencyServiceで呼び出すためのインターフェースを配置します。
IAudioService.cs
namespace AppName.Services
{
//DependencyServiceから利用する
public interface IAudioService
{
void Play(string filePath);
bool IsPlaying { get; }
void Stop();
void Pause();
}
}



2.Androidの実装方法

Androidプロジェクト内に以下のクラスを配置します。
AudioService.cs
using System;
using Android.Media;
using Android.Content.Res;
using Xamarin.Forms;
using AppName.Droid.Services;
using AppName.Services;
[assembly: Dependency(typeof(AudioService))]
namespace AppName.Droid.Services
{
public class AudioService : IAudioService
{
private static MediaPlayer _player = null;
private static bool _isPausing = false;
//再生
public void Play(string filePath)
{
if (String.IsNullOrEmpty(filePath))
{
return;
}

if (_player == null ||
!_isPausing)
{
_player = new MediaPlayer();
AssetFileDescriptor afd = null;
if (!filePath.Contains("/"))
{
//リソースから取得する場合
afd = global::Android.App.Application.Context.Assets.OpenFd(filePath);
_player.SetDataSource(afd.FileDescriptor, afd.StartOffset, afd.Length);
}
else
{
//ファイルパスから取得する場合
Android.Net.Uri uri = Android.Net.Uri.Parse("file://" + filePath);
_player.SetDataSource(Forms.Context, uri);
}
_player.Prepared += (s, e) =>
{
_player.Start();
};
_player.Prepare();
}
else
{
_player.Start();
_isPausing = false;
}
}
//再生中かどうか判定する
public bool IsPlaying
{
get
{
if (_player == null)
{
return false;
}
return _player.IsPlaying;
}
}
//再生を終了する
public void Stop()
{
if (_player == null)
{
return;
}
_player.Stop();
}
//再生を中断する
public void Pause()
{
if (_player == null)
{
return;
}
_player.Pause();
_isPausing = true;
}
}
}



3.iOSの実装方法

iOSプロジェクト内に以下のクラスを配置します。
AudioService.cs
using System;
using System.IO;
using Foundation;
using AVFoundation;
using Xamarin.Forms;
using AppName.iOS.Services;
using AppName.Services;
[assembly: Dependency(typeof(AudioService))]
namespace AppName.iOS.Services
{
public class AudioService : IAudioService
{
private static AVAudioPlayer _player = null;
private static bool _isPausing = false;
//再生
public void Play(string filePath)
{
if (String.IsNullOrEmpty(filePath))
{
return;
}

if (_player == null ||
!_isPausing)
{
if (!filePath.Contains("/"))
{
//リソースから取得する場合
filePath = NSBundle.MainBundle.PathForResource(
Path.GetFileNameWithoutExtension(filePath),
Path.GetExtension(filePath));
}
var url = NSUrl.FromFilename(filePath);
_player = AVAudioPlayer.FromUrl(url);
_player.FinishedPlaying += (object sender, AVStatusEventArgs e) =>
{
_player = null;
};
}
_player.Play();
_isPausing = false;
}
//再生中かどうか判定する
public bool IsPlaying
{
get
{
if (_player == null)
{
return false;
}
return _player.Playing;
}
}
//再生を終了する
public void Stop()
{
if (_player == null)
{
return;
}
_player.Stop();
}
//再生を中断する
public void Pause()
{
if (_player == null)
{
return;
}
_player.Pause();
_isPausing = true;
}
}
}



4.使用方法

PCLプロジェクトの中の任意のページに記述します。
TestPage.xaml.cs
void OnPlayClick(object sender, EventArgs e)
{
    if (!DependencyService.Get<IAudioService>().IsPlaying)
{
DependencyService.Get<IAudioService>().Play("Music.wav");
this.btnPlay.Text = "Pause";
}
else
{
DependencyService.Get<IAudioService>().Pause();
this.btnPlay.Text = "Play";
}
}
void OnStopClick(object sender, EventArgs e)
{
DependencyService.Get<IAudioService>().Stop();
}


Playの引数にはディレクトリを含めたファイルパスを渡します。
音楽ファイルをリソースから取得する場合は、引数にファイル名のみを渡し、
画像ファイルと同様のフォルダに保存します。

Androidの場合
保存先:AppName.Droid\Resources\raw
ビルドアクション:AndroidResource

iOSの場合
保存先:AppName.iOS\Resources
ビルドアクション:BundleResource





当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。