FC2ブログ

記事一覧

Graph API Explorer の使用方法 | Graph API


今回はFacebook Graph API Explorer の操作方法について覚え書きします。
Graph API で取得したいデータをどのようなURLにアクセスすればよいのか、簡単にURLを組み立てることができます。


前提条件
Facebook for Developersの登録



1.Graph API Explorer

ブラウザベースのツールで、取得したいFacebookデータにアクセスできるURLを視覚的に組み立てられます。

ブラウザで以下のURLにアクセスします。
https://developers.facebook.com/tools/explorer/



2.使用方法

(1)トークンを取得ボタンをクリックして展開します。
(2)ユーザーアクセストークンを取得をクリックします。

facebook_graphapi_explorer_01.png


(3)データを取得する際に必要なパーミッションを選択し、アクセストークンを取得ボタンをクリックします。
例えば、Eメールのデータを取得したい場合は、emailのパーミッションにチェックを付けます。誕生日のデータを取得したい場合は、user_birthdatのパーミッションにチェックを付けます。

facebook_graphapi_explorer_02.png


(4)初回ログイン時や、パーミッションを変更するとログインを聞かれますので、ログインします。

facebook_graphapi_explorer_03.png


(5)画面左のNode欄に取得したいデータを選択していきます。(field と connection を組み合わせることにより複雑なデータを取得することができます。)
また、選択していくと、URL欄に組み立てられていきます。

(6)送信ボタンをクリックすると、取得したデータが下に表示されます。

facebook_graphapi_explorer_04.png



3.ブラウザで確認する方法

Graph API Explorer で取得できたURLは、先頭に以下のURLを付けて、後ろにアクセストークンを付けてアクセスできます。
https://graph.facebook.com/

※URL文字列結合例
https://graph.facebook.com/組み立てたURL&access_token=アクセストークン



4.プログラムへ組み込む方法

Xamarinでのサンプソースになりますが、以前の記事「Facebook Graph API v2の使用方法 -ログイン・アクセストークン取得・プロフィール情報取得-」でご紹介しておりますので、ご参考ください。





コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。