FC2ブログ

記事一覧

Facebook Graph API v2で友達の情報を取得する方法 | Xamarin.Forms


前回に引き続きFacebook Graph API v2を使用して友達の情報を取得する方法についてご紹介いたします。
尚、Facebook for Developersの登録方法は前回の記事「Facebook Graph API v2の使用方法」にて済ませてありますが、当記事の前提条件となりますので、念のためご確認いただくと良いでしょう。


xamarin_graphapi_01.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.0.0.0
Facebook for Developersの登録



1.登録

Facebook for Developersに追加の登録を行います。
前回の記事「Facebook Graph API v2の使用方法」にてご紹介しております。



2.基本的なURL

直接ブラウザで確認ができるURLです。

(1)友達情報の取得
https://graph.facebook.com/{id}/taggable_friends?fields=id,name,first_name,last_name,picture&access_token={access_token}

※Graph API v2 からは /{id}/friends では件数しか取得できなくなりました。
taggable_friendsでは全ての友達ではないですが、タグ付け可能な友達について情報が取得可能です。
※taggable_friendsでは誕生日取得できません。上記記載のフィールドのみです。



3.実装方法

上記URLをXamarin.Formsで呼び出す方法で実装します。PCLに記述しますので、AndroidとiOSで共通です。ログイン・アクセストークンの取得方法や自分のプロフィール情報の取得方法につきましては、前回の記事「Facebook Graph API v2の使用方法」をご参考くださいませ。
PCLの任意のページに記述します。

FacebookTestPage.xaml.cs
using System.Threading.Tasks;
using Xamarin.Forms;
namespace AppName.Views
{
    public partial class FacebookTestPage : ContentPage
    {
//コンストラクタ省略
//ログイン方法・アクセストークン・プロフィールの取得は前回の記事をご参考ください。
       
/// <summary>
/// 友達情報の一覧を取得する
/// </summary>
/// <param name="id">自分のID</param>
/// <param name="accessToken">アクセストークン</param>
/// <returns></returns>
private async Task GetFacebookFriendsAsync(string id, string accessToken)
{
var requestUrl =
"https://graph.facebook.com/" + id + "/taggable_friends" +
"?fields=id,name,first_name,last_name,picture" +
"&access_token=" + accessToken;

var httpClient = new System.Net.Http.HttpClient();

var json = await httpClient.GetStringAsync(requestUrl);
var friendList = Newtonsoft.Json.JsonConvert.DeserializeObject<FacebookFriendList>(json);

if (friendList == null ||
friendList.Data.Count <= 0)
{
return;
}

foreach (var friend in friendList.Data)
{
var firstName = friend.First_Name;
var lastName = friend.Last_Name;
var picture = await httpClient.GetByteArrayAsync(friend.Picture.Data.Url);
}
}
    }
}

※Facebookデータを取得する際のURLを組み立てるには、Graph API Explorerで確認すると簡単です。使用方法につきましては、次回の記事「Graph API Explorer の使用方法」をご参考ください。
※モデルクラスのFacebookProfileクラスは取得したJson情報をC#に変換するサイトで簡単に作成が可能です。
※Newtonsoft.JsonはNuGetパッケージから取得できます。



4.ViewModelクラス

友達情報を取得する際に必要なViewModelクラスを以下に記載いたします。前述しましたが、取得したJson情報をC#に変換するサイトでも作成が可能ですので、必要な方のみご覧ください。
FacebookInfo.cs
namespace AppName.ViewModels
{
    public class FacebookFriendList
    {
        public System.Collections.Generic.List<FacebookProfile> Data { get; set; }
    }
    public class FacebookProfile
    {
        public string Id { get; set; }
        public string Name { get; set; }
        public string First_Name { get; set; }
        public string Last_Name { get; set; }
        public string Email { get; set; }
        public DateTime Birthday { get; set; }
        public FacebookPicture Picture { get; set; }
        public FacebookCover Cover { get; set; }
        public FacebookAgeRange Age_Range { get; set; }
        public List<FacebookDevice> Devices { get; set; }
        public string Gender { get; set; }
        public bool Is_Verified { get; set; }
    }
    public class FacebookData
    {
        public int Height { get; set; }
        public bool Is_Silhouette { get; set; }
        public string Url { get; set; }
        public int Width { get; set; }
    }
    public class FacebookPicture
    {
        public FacebookData Data { get; set; }
    }
    public class FacebookCover
    {
        public string Id { get; set; }
        public int Offset_x { get; set; }
        public int Offset_y { get; set; }
        public string Source { get; set; }
    }
    public class FacebookAgeRange
    {
        public int Min { get; set; }
    }
    public class FacebookDevice
    {
        public string Os { get; set; }
    }
}




【参考URL】
Facebook permission
https://developers.facebook.com/docs/facebook-login/permissions/?locale=ja_JP




最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。