FC2ブログ

記事一覧

テキストボックス (Entryコントロール) で数値型を入力可とし、フォーマットを指定する方法 | Xamarin.Forms


今回はXamarin.FormsでEntryコントロールで入力制限をする方法についてご紹介いたします。例えば数値のみの入力を許可したり、さらにカンマや小数点などのフォーマットを指定して表示させたり、最大入力文字数の指定をしたいケースがあると思います。


iOS10
xamarin_entry_numeric_01.png
Android6.0
xamarin_entry_numeric_02.png




前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.7.9.45 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.0.0.0



1.PCLの記述

PCLプロジェクト内にフォーマット指定や最大入力文字数の指定ができるようになる派生Entryクラスを作成します。

BaseTextBox.cs
using Xamarin.Forms;
namespace AppName.Controls
{
    [System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()]
    public class BaseTextBox : Entry
{
public BaseTextBox() : base()
{
this.TextChanged += (sender, e) =>
{
string value = e.NewTextValue;

//入力文字数制限
if (MaxLength > 0 &&
value.Length > MaxLength)
{
//入力文字数の制限値を超えた場合は、制限値までの文字列までを表示する
value = value.Substring(0, MaxLength);
}

//入力フォーマット
if (!String.IsNullOrEmpty(this.Format))
{
//数値以外の文字と+-.以外の記号を取り除きます。
//(カンマもとりあえず取り除きます)
value = Regex.Replace(value, @"[^\d-+.]", "");

//フォーマットを指定して文字列を成形します。
decimal ret = Decimal.Zero;
if (Decimal.TryParse(value, out ret))
{
value = ret.ToString(this.Format);
}
}

//余計なTextChangedイベントを発生させないため、最後に1行のみ値を戻す処理を行う
if (value != e.NewTextValue)
{
this.Text = value;
}
};
}

public int MaxLength { get; set; }
public string Format { get; set; }
}
}

※自クラスのTextChangedイベント内でTextプロパティを変更している為、例えばスライダーコントロールと値を双方向に同期させたりすると、無限ループを起こしますので、使用にはくれぐれも慎重にコーディングを行ってください。



2.使用方法

コントロールに対する設定はXAMLまたはC#で記述します。
キーボードの入力方法をNumericとしていることで数値のみの入力としています。
また、文字列の右寄せ表示に関しては標準のHorizontalTextAlignment="End" で設定可能です。

XAMLでは以下のように記述します。

TestPage.xaml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:base="clr-namespace:AppName.Controls;assembly=AppName"
             x:Class="AppName.Views.TestPage">
  <ContentPage.Content>
    <base:BaseTextBox x:Name="txtPrice"
Text=""
Keyboard="Numeric"
MaxLength="5"
Format="#,##0" <!--N0/C0/###0-->
HorizontalTextAlignment="End"
HorizontalOptions="End" />
  </ContentPage.Content>
</ContentPage>





最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。