記事一覧

FireFox でCPU使用率が常時20%以上になる原因と対応方法 | Windows10


今回は FireFox を起動しただけで CPU使用率が20%以上になってしまう原因について覚え書きしたいと思います。
特に FireFox で設定を変更したり、アドオンがインストールされていたり、複数のタブで長時間使用したりすることもなく、起動して Google のトップページを表示しているだけでCPU使用率が上がっていましたので、少し調べてみました。


firefox_cpu_04.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit
・Intel Core i7 - 6700
・FireFox v58



1.原因

簡潔に述べますと、FireFox が使用しているユーザープロファイルが原因でした。
FireFox ではお気に入りやクッキー、ストレージ( javascript で使用)などの情報をsqlite データベースに保存しており、他にも設定ファイルなどたくさんのファイル群を使用しています。特に sqlite データベースは簡易的なデータベースで、MSAcess のように壊れやすいです。

firefox_cpu_02.png 



2.対応方法

ユーザープロファイルを削除して、再度 FireFox を起動したときに再作成されるようにします。

(1)まずは以下のディレクトリをエクスプローラで開きます。
%AppData%\Mozilla\Firefox\

実際には以下のようなフォルダが開きます。
C:\Users\UserName\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\

firefox_cpu_03.png


(2)Profile フォルダと Proifie.ini フォルダを 上記の図のように 適当に temp フォルダを作成して移動します。(削除してもよいですが、お気に入り等のバックアップをしておきしましょう。また、リネームでは正しく再作成されませんでした。)

(3)FireFox を起動すると完全に初期化された画面で起動してきます。

あとは必要な設定を戻していきましょう。
※特にこだわりが無ければ戻すのはお気に入りぐらいですかね~。






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログでは他にも Windows10 に関する記事をご紹介しておりますので、よろしければご参考ください。



関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。