FC2ブログ

記事一覧

APIレベルの変更に対応する方法 | Xamarin.Android


2018年11月より Google は APIレベル(ターゲットSDKバージョン)を26(Android 8.0) 以降に設定したアプリしかリリースを許可されなくなりました。今回は Xamarin.Android において APIレベルの変更に伴うアプリの動作を修正する方法についてご紹介いたします。


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit 1709
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.8.0.760 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.6.1.4


xamarin_android_targetsdkversion_01.png



1.APIレベルの変更方法

Android プロジェクトを右クリックしてプロパティを開きます。Androidマニフェストから 「Target Android Version」を Android8.0(APIレベル26 - Oreo)に設定します。
または Androidプロジェクト/Properties/AndroidManifest.xml を開き、以下のタグを追加します。

AndroidManifest.xml
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" >
<uses-sdk android:targetSdkVersion="26" />
</manifest>

xamarin_android_targetsdkversion_02.png



2.ローカル通知のアイコン

ターゲット SDK バージョン23以降(Android6.0 Marshmallow 以降)でローカル通知(Local Notification)のアイコンがカラーのままだと白色でつぶれてしまう様に仕様変更になっています。透過アイコンを用意して、Notification のアイコンとしてセットします。その際、通知用のテーマ色設定をすることが可能になっています。
詳しくは以前の記事「ローカル通知する方法」に追記していますので、ご参考ください。



3.FileProviderの対応

ターゲット SDK バージョン24以降(Android7.0 Nougat 以降)で Android 端末内(SDカード内)のファイルを取り扱う際に他のアプリに直接インテントを渡すことができなくなりました。FileProvider を介してインテントを渡すように変更になっています。詳しくは以前の記事「FileProvider の設定方法」に追記していますので、ご参考ください。



4.バックグラウンドサービスの禁止

ターゲット SDK バージョン26以降(Android8.0 Oreo 以降)では、バックグラウンドサービスが禁止となりました。そこでフォアグラウンドのサービスとして動作させることが一番簡単な対応となりますが、動作にローカル通知が必要で、アプリが動作していることがユーザーに表立ってしまいます。
詳しくは以前の記事「AndroidでOS起動時に自動実行するバックグラウンドサービスの作成方法」に追記していますので、ご参考ください。



5.AdMobバナーの対応

これは私特有のケースかもしれませんが、アプリにAdMobの広告を表示していましたが、ターゲット SDK バージョンを設定してから、広告がほとんど表示されなくなりました。
以下のサンプルの様にバナーサイズを設定したところ正しく表示されるようになりました。

AdBannerRenderer.cs
private AdView _adview = null;
protected override void OnElementChanged(ElementChangedEventArgs<Xamarin.Forms.View> e)
{
//中略
_adview = new AdView(Android.Content.Context);
_adview.AdSize = AdSize.Banner;




6.終わりに

ターゲットフレームワークの変更は大きな挙動変更となりますので、くれぐれもGoogleのガイドラインに従って、動作確認・及びプログラムの改修を行いましょう。
https://developer.android.com/distribute/best-practices/develop/target-sdk





最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。