FC2ブログ

記事一覧

iOS12対応のためXcode10にアップデートして検証してみました | Xamarin

 
既に iOS12 がリリースされていますが、iOS シミュレータでアプリの動作テストをしようとしましたところ、Xcode をバージョン10にアップデートしないといけないことが分かりました。その為アップデートを試みましたが、今回も大幅な変更を強いられました。


xcode10_03.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit 1803
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.8.0.760 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Sierra 10.12.6 / Xcode9 / Xamarin.iOS 11.6.1.4



1.事前準備

macOS High Sierra 10.13 または macOS Mojave 10.14 を用意します。
・Xamarin も Xcode10 に正式対応している最新のバージョンにアップデートします。
   Xamarin.VisualStudio 4.11.0.770
   Xamarin.iOS 12.0.0.10

High Sierra / Mojave は AppStore からアップデート(またはクリーンインストール)します。
Xamarin のダウンロード方法につきましては以前の記事「Xamarinの旧バージョンをダウンロード」にてご紹介しております。

Xcode10 の対応に関する詳しい情報は以下の URL から公式ページのリリースノートをご確認ください。
https://developer.xamarin.com/releases/ios/xamarin.ios_12/xamarin.ios_12.0/



2.Xcode10のインストール

High Sierra の場合は、Xcode10 を AppStore からダウンロードします。
macOS Sierra でインストールしようとするとエラーでダウンロードすらできません。

xcode10_02.png


私の場合は、High Sierra ではなく、せっかくなので Mojave にしました。

xcode10_04.png



3.Visual Studio のアップグレード

Xcode10に対応した Xamarin.iOS 12.0.0.10 を適用させるためには Xamarin.VisualStudio 4.11.0.770 が必要です。しかしながらダウンロードリンクが見つかりませんでしたので、おとなしく Visual Studio 2017 にアップグレードすることにしました。その際、簡単にはアップグレードができませんでしたので次回の記事「Visual Studio 2017 に対応する方法」にて詳しくご紹介したいと思います。



4.動作確認

Xcode9 のシミュレータでは存在しなかった iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone XR がデフォルトで作成されています。

xcode10_05.png


Visaul Studioで確認すると何もせずにシミュレータのリストに載ってきました。

xcode10_06.png 

もしも追加でシミュレータを作成する必要がある場合は、画面左下のプラスマークを押下して作成します。Xcode9 の時の様に作成する際に iPhone8 や iPhoneX が選択肢に出てこないことはありませんでした。

xcode10_07.png


よってシミュレータを追加する場合は以下のようにして作成します。

xcode10_08.png


Visual Studio からデバッグしようとすると macOS Mojave で以下のような画面が表示され、パスワードを求められます。毎回聞かれますので、ちょっとめんどくさいです。

xcode10_10.png


その他は特に問題が無く今回のアップデートを乗り切ることができました。たったこれだけの事なのですが、ああでもないこうでもないと1ヵ月程苦悩しました。。。

2018/12/15追記
この後、実機の iPhone XS Max をデバッグしようとしたところ、アプリは機能するのですが、VS のデバッグのみ終了してしまう現象が発生していました。
エラーの詳細は以下の通りです。
An error occured on client IDB4110776 while executing a reply for topic xvs/idb/4.11.0.776/launch-app
error MT1007: Failed to launch the application.
Invalid Service Error (error: 0xe8000022). You can still launch the application manually by tapping on it.

iPhone の iOS バージョンが 12.1 だったようで、Xcode 10.1 に更新しましたところ、無事に途切れることなくデバッグができるようになりました。






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。