FC2ブログ

記事一覧

Visual Studio 2017 に対応する方法 | Xamarin


今回は ようやく Visual Studio 2017 にアップデートすることにしました。
最近 Android8.0 の対応が完了したことと、iOS12 が登場したことにより、対応が迫られておりました。
しかしながら、単純にインストールして終わりではなく、アップグレードに関する制約がありましたので、その対応方法について覚え書きします。


visualstudio_2017_install_01.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit 1803
・Visual Studio 2015 Community Update3
・Xamarin 4.8.0.760 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Mojave 10.14 / Xcode10 / Xamarin.iOS 12.0.0.10



1.Visual Studio 2015

最初は Visual Studio 2015 をアンインストールしてから Visual Studio 2017 のインストールを行ったのですが、後で 2015 を再インストールする必要があり、インストールしたところ、新旧2つの Xamarin バージョンで開発することが可能でした。というわけで2015をアンインストールする必要はありません。
Visual Studio 2015 は Xamarin 4.8 で macOS Sierra に接続し、Visual Studio 2017 は Xamarin 4.10 で macOS Mojave に接続することが可能ですので、私はテスト目的の為に 2015 も Sierra も残すことにしました。

尚、Visual Studio 2015 を再インストールする場合は、ダウンロードリンクが分かり辛かったため、見つけるのに苦労しました。詳細は以前の記事でご紹介しています。



2.インストール

以下のダウンロードリンクより、Visual Studio 2017 をインストールします。
https://www.visualstudio.com/thank-you-downloading-visual-studio/?sku=Community&rel=15

Visuai Studio 2015 の時の様にそこまで時間はかかりませんでしたし、選択項目もXamarinを追加するだけで、特に変わったインストール方法ではありませんでしたので、手順に関しては割愛します。



3.Windowsプロジェクト

Visual Studio 2017 を起動するとソリューション内の Windows プロジェクトが非対応だというメッセージが表示され、ソリューションエクスプローラ内でも非互換で読み込まれていない状態でした。

visualstudio_2017_install_02.png


visualstudio_2017_install_03.png


私の場合は Windows プロジェクトにて処理を実装しておらず、Windows アプリを作成することも考えておりませんでしたので、そのまま削除することで対応ができました。



4.コンポーネント

次に、コンポーネントも非対応だというメッセージが表示されますので、対応方法について何点かご紹介します。

visualstudio_2017_install_04.png


(1)まずは、コンポーネントを削除します。
エクスプローラでソリューションが保存されているディレクトリを開き、Components フォルダを手動でリネームまたは異なるディレクトリに移動保存します。

visualstudio_2017_install_05.png


(2)Visual Studio を開き、全てのプロジェクトにおいて参照設定でエクスクラメーションマークが表示されている DLL の参照を解除します。(フォルダをリネームまたは移動したことにより参照している DLL にエラーが表示されています。)

(3)コンポーネントは NuGet パッケージに変更されているものも多くありますので、以下のURLを参考にして NuGet パッケージに変更していきます。

コンポーネントをNuGetに変更する方法
https://docs.microsoft.com/ja-jp/xamarin/cross-platform/troubleshooting/component-nuget?tabs=windows#Components_without_a_NuGet_migration_path

(4)NuGet パッケージに変更されていないコンポーネントもありますので、コンポーネントの DLL を直接参照で設定します。以下のディレクトリに DLL が保存されていますので、Visual Studio の参照設定でそのディレクトリの DLL を直接指定します。
\Components\コンポーネント名\lib\

visualstudio_2017_install_06.png


以上で Visual Studio 2017 での開発・動作準備が整いました。
iOS12 に対応する方法は前回の記事にてご紹介しておりますので、ご参考ください。






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。