FC2ブログ

記事一覧

Xamarin.Forms の iOS プロビジョニングの設定 | Xamarin.Forms


Xamarin.Forms における iOS プロジェクトに作成済みのプロビジョニングを設定する方法についてご紹介いたします。


前提条件
・Apple Developer Program で年会費12,000円程を支払っていること
・Apple Developer サイトでプロビジョニングの作成を行う。
・MacのXcodeに Apple IDを登録していること
・MacのXcodeにて プロビジョニングの設定が完了していること。
・Visual Studio 2015 Community Update3


プロジェクト アプリ名.iOSファイルをソリューションエクスプローラで右クリック→プロパティ

iOS Bundle Signing にて Identity と Provisioning profile の設定を以下のように行う。
尚、DebugとRelease共に設定が必要である。

provisiong.png

※Idenntityには Mac側で設定した Apple ID (Apple Developer Program を契約済みのID) の名称と Identity が表示されていますので、選択します。

※Provisioning profile には Apple Developer サイトにて登録した Provisioning の名称が選択可能ですが、iOS Applicaiton で登録した Identity を元に Automatic で判別ができるのでしょう。
ただし、AppStore への配布の場合は Automatic ではだめです。さらには Apple Developer サイトにて Distribution のプロビジョニングの作成が必要です。


2018/07/16追記
Xamarin におけるプロビジョニングの更新方法は次の記事「プロビジョニングの更新方法」でご紹介しております。



当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html


関連記事

コメント

コメントの投稿

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。