FC2ブログ

記事一覧

画面のスリープを無効にする方法 | Xamarin.Forms


今回は Xamarin.Forms で スマホ画面をスリープさせない方法についてご紹介いたします。
今回もデバイス特有の制御が必要となり、お馴染みの DependencyService を使用しています。


xamarin_disable_sleep_01.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit 1803
・Visual Studio 2017 Community
・Xamarin 4.11.0.776 (NuGet Xamarin.Forms 2.4.0.282)
・macOS Mojave 10.14 / Xcode10.1 / Xamarin.iOS 12.0.0.10



1.PCLの記述方法

(1)PCL プロジェクト内に DependencyService で呼び出すためのインターフェースを配置します。

IDeviceService.cs
namespace AppName.Services
{
public interface IDeviceService
{
//スリープを無効にする
void DisableSleep();

//スリープを有効にする
void EnableSleep();
}
}



2.Androidの実装方法

(1)Androidプロジェクト内の AndroidManifest.xml に以下の設定値を追加します。

AndroidManifest.xml

<uses-permission android:name="android.permission.WAKE_LOCK" />


(2)Android プロジェクト内に DeviceService クラスを配置します。
WakeLockFlags の設定につきましては必要な状況により変更する必要があると思います。
※フラグは記号 || (OR条件)で複数の指定が可能です。

DeviceService.cs
using System;
using Android.App;
using Android.Content;
using Android.OS;
using Android.Views;
using Xamarin.Forms;
using AppName.Droid.Services;
using AppName.Services;
[assembly: Dependency(typeof(DeviceService))]
namespace AppName.Droid.Services
{
public class DeviceService : IDeviceService
{
private static PowerManager.WakeLock _wakeLock = null;

/// <summary>
/// スリープを無効にする
/// </summary>
public void DisableSleep()
{
PowerManager pm = (PowerManager)Forms.Context.GetSystemService(Context.PowerService);
Context context = Forms.Context; //Android.App.Application.Context;
var packageName = context.PackageManager.GetPackageInfo(context.PackageName, 0).PackageName;
_wakeLock = pm.NewWakeLock(WakeLockFlags.Full, packageName);
_wakeLock.Acquire();

}

/// <summary>
/// スリープを有効にする
/// </summary>
public void EnableSleep()
{
if (_wakeLock != null)
{
_wakeLock.Release();
_wakeLock = null;
}
}
}
}




3.iOSの実装方法

(1)iOS プロジェクト内に DeviceService クラスを配置します。

DeviceService.cs
using System;
using UIKit;
using Xamarin.Forms;
using AppName.iOS.Services;
using AppName.Services;
[assembly: Dependency(typeof(DeviceService))]
namespace AppName.iOS.Services
{
public class DeviceService : IDeviceService
{
/// <summary>
/// スリープを無効にする
/// </summary>
public void DisableSleep()
{
UIApplication.SharedApplication.IdleTimerDisabled = true;
}

/// <summary>
/// スリープを有効にする
/// </summary>
public void EnableSleep()
{
UIApplication.SharedApplication.IdleTimerDisabled = false;
}
}
}




4.使用方法

PCL プロジェクトの中の任意のページに記述します。
スリープを無効にするボタンと有効にするボタンを用意してそれぞれに DependencyService で呼び出すように記述します。

TestPage.xaml.cs
using AppName.Services;
using Xamarin.Forms;
public class TestPage : ContentPage
{
void btnDisableSleep_Click(object sender, EventArgs e)
{
//スリープモードをOFFにする
DependencyService.Get<IDeviceService>().DisableSleep();
}
void btnEnableSleep_Click(object sender, EventArgs e)
{
//スリープモードをONにする
DependencyService.Get<IDeviceService>().EnableSleep();
}
}






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
http://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



関連記事

コメント

コメントの投稿

※名前とタイトルが入力されていないコメントでは他のコメントとの区別ができません。

 入力されていないコメントには返信しませんのであらかじめご了承くださいませ。

※ニックネームでも良いので必ずご入力ください。

    

※必ずご入力ください。

    
    

※必ずご入力ください。

※技術的な質問には環境やエラーについて正確かつ詳細にお教えください。

・正確なエラーの内容

・Windowsのバージョン番号

・Visual Studioのバージョン

・機器の型番

・アプリやソフトのバージョン

    

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。