FC2ブログ

記事一覧

Visual Studio 2019 で参照設定のエラーを修正する方法 | Xamarin.Forms


最近は Visual Studio 2019 の開発環境を準備していますが、その際に Androidプロジェクトにおいて参照設定のエラーでビルドができない現象に遭遇し、対応方法が難易度が高いと思いましたので、手順について覚え書きします。

最初にインストールした VS2019 v16.4 の開発環境では全ての参照設定が正常でしたが、モバイルノートにも同様の開発環境を構築したところ、参照設定の全てに警告マークがついていることに気が付きました。VS2019のバージョンを更新すると発生する事象だと思います。


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit 1903
・Visual Studio 2019 Community v16.5 以降
・Xamarin 16.4.000.311 (NuGet Xamarin.Forms 3.4.0.1029999)
・macOS Mojave 10.14.6 / Xcode 11.3.1 / Xamarin.iOS 13.10.0.17



1.エラーの内容

全ての参照設定に警告マークが表示されているだけではなく、エラー一覧に以下の様にエラーと警告が表示されていました。
※ビルドすると表示されます。

VisualStudio2019_XamarinAndroid_Error_01.png


<エラー>
Assembly 'Xamarin.GooglePlayServices.****' is using '[assembly: Android.IncludeAndroidResourcesFromAttribute]',  which is no longer supported. Use a newer version of this NuGet package or notify the library author. 

<警告>
参照コンポーネント 'System.*****' が見つかりませんでした。




2.対応方法

(1)NuGetパッケージを更新
NuGetパッケージマネージャにて Xamarin.GooglePlayServicesから始まるパッケージを全てアップデートします。(Xamarin.GooglePlayServices.Baseを更新すると全てのパッケージが更新されます。更新されないものもありますので、必要ない場合はアンインストールすると良いでしょう。)

VisualStudio2019_XamarinAndroid_Error_02.png

更新後のバージョンは v42.1021.1 にしました。v71 にも更新してみましたが、ビルドが通らなかったり、Java のヒープサイズが 1G ではなく 2G 必要だったりしましたので、取り急ぎこのバージョンにすることにしました。

この件は、マイクロソフト公式ページにも記載ありましたが、v27以降であれば良いと書かれています。
https://docs.microsoft.com/en-us/xamarin/android/release-notes/10/10.2#new-build-errors-and-warnings-xa0121-xa2000-xa2001


また、上記のパッケージを更新しているにも関わらず、警告が表示される場合もあります。その場合は、以下の手順で NuGet パッケージを全て再取得します。
 1. VS2019 を終了します。
 2. ソリューションフォルダ\packages の中のフォルダを全て削除します。
 ※何かあるといけませんのでバックアップは取っておいてください。)
 3. 再度 VS2019 を起動し、ソリューションフォルダを右クリックして、NuGet パッケージの復元を行います。
 4. packages フォルダのそれぞれの NuGet パッケージのフォルダ内に build 及び lib フォルダが存在し、そのフォルダ内にも各種DLLがダウンロードされていることを確認します。


(2)armeabiの対応
パッケージマネージャを更新してからリビルドをすると、以下のようなエラーに遭遇しました。

VisualStudio2019_XamarinAndroid_Error_03.png

Invalid value 'armeabi' in $(AndroidSupportedAbis). This ABI is no longer supported. Please update your project properties to remove the old value. If the properties page does not show an 'armeabi' checkbox, un-check and re-check one of the other ABIs and save the changes.

これはサポート外になったarmabiをサポートするようにAndroidプロジェクトで設定している為に表示されます。

Androidプロジェクトのプロパティから > Androidオプション > 詳細設定ボタン >サポートされているアーキテクチャ
を開き、armabiを未選択状態に設定します。(※ドロップダウンリストを展開・未展開するだけで選択肢から消えます)

VisualStudio2019_XamarinAndroid_Error_04.png


(3)MultiDexのエラー対応
さらに、リビルドしたところ、以下のようなエラーに遭遇しました。
Compilation can't be completed because some library classes are missing.
MultiDexを一度無効にしてビルドして、再度有効にすることでエラーがなくなりました。


(4)ビルドできない場合
.vsフォルダや全てのbin/objフォルダを削除してから、クリーン・リビルドを行ってください。


以上でVisual Studio 2019 において Xamarin.Android で参照エラーになっている現象を解決することができました。



Xamarin.Forms の開発環境を Visual Studio 2019 へ移行する方法 その2へ






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



関連記事

コメント

コメントの投稿

※名前とタイトルが入力されていないコメントでは他のコメントとの区別ができません。

 入力されていないコメントには返信しませんのであらかじめご了承くださいませ。

※ニックネームでも良いので必ずご入力ください。

    

※必ずご入力ください。

    
    

※必ずご入力ください。

※技術的な質問には環境やエラーについて正確かつ詳細にお教えください。

・正確なエラーの内容

・Windowsのバージョン番号

・Visual Studioのバージョン

・機器の型番

・アプリやソフトのバージョン

    

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。