FC2ブログ

記事一覧

Xamarin.Build.Download.0.10.0 の対応方法 | Xamarin.Forms


Visual Studio 2019 の問題からやっと解き放たれたと思ったら、今度は別件で更新した Xamarin.Build.Download の新しいバージョンでビルドエラーが表示される不具合に遭遇しました。今回はその対応方法について調査してみました。


xamarin_build_target_error_01.png


前提条件
・Windows10 Pro 64Bit 1903
・Visual Studio 2019 Community v16.4.5
・Xamarin 16.4.000.311 (NuGet Xamarin.Forms 4.0.0.709238)
・macOS Mojave 10.14.6 / Xcode 11.3.1 / Xamarin.iOS 13.10.0.17



1.エラーの内容

Xamarin.Build.Download v0.4.11 で正常にビルドが通る状態にも関わらず、NuGet パッケージマネージャにて Xamarin.Build.Download v0.10.0 をインストールしてから、ビルドすると以下のようなエラーが表示されます。

Xamarin.Build.Download.target error : オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません(Object reference not set to an instance of an object)



2.対応方法

(1)以下のファイルを テキストエディタ で開きます。
ソリューション名\packages\Xamarin.Build.Download.0.10.0\build\Xamarin.Build.Download.targets

xamarin_build_target_error_03.png

  <XamarinDownloadArchives
AllowUnsecureUrls="$(XamarinBuildDownloadAllowUnsecure)"
Archives="@(XamarinBuildDownload)"
DestinationBase="$(XamarinBuildDownloadDir)"
CacheDirectory="$(XamarinBuildDownloadDir)"
User7ZipPath="$(XamarinBuildDownloadUser7ZipPath)"
VsInstallRoot="$(VsInstallRoot)"
IsAndroid="$(_XamarinBuildDownloadIsAndroid)"
AndroidFixManifests="$(_XamarinBuildDownloadAndroidFixManifests)"
/>


(2)以下のように7Zipの相対ファイルパスを絶対パスに変更します。ただし、絶対パスは Visual Studio をインストールしている環境に合わせて変更してください。

<!--変更前-->
User7ZipPath="$(XamarinBuildDownloadUser7ZipPath)"
<!--変更後-->
User7ZipPath="C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 16.0\Common7\IDE\Extensions\Xamarin\Xamarin.VisualStudio\7-Zip\7z.exe"

(3)上記の修正により、ビルドするとエラーが出力されなくなります。エラーが出力されなくなったら、もとの相対パスに戻します。戻してもエラーが出力されなくなります。



3.他のエラーの内容

Visual Studio 2019 v16.5 では オブジェクト参照のエラーは出力されず、以下のようなエラーが iOS のバインドライブラリプロジェクトのビルド時に出力されました。

CS2007 : Unrecognized option: '-q'
BI0002 : bgen: Could not compile the API bindings.


xamarin_builddownload_error_06.png


この件については、現在調査中です。わかり次第記事を更新します。

※2020/07/26追記
何度も Xamarin.Build.Download.targets / Xamarin.iOS.ObjBinding.CSharp.targets ファイルを編集したり、.vs や bin / obj ファルダを削除してからクリーン&リビルドしたりして手を尽くしましたが、エラーが出ることは変わらず、放置しておりました。ところが、急にビルドが通るようになりました。ビルドが通るようになった要因としては、macOS を Mojave から Catalina に変更したぐらいで、Visual Studio のバージョンは V16.6.2 のままで更新しておりません。(※以前は V16.6.2 でも同様のエラーが出ておりました。)






最後までお読みいただきありがとうございます。
当ブログの内容をまとめた Xamarin逆引きメニュー は以下のURLからご覧になれます。
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-81.html



関連記事

コメント

コメントの投稿

※名前とタイトルが入力されていないコメントでは他のコメントとの区別ができません。

 入力されていないコメントには返信しませんのであらかじめご了承くださいませ。

※ニックネームでも良いので必ずご入力ください。

    

※必ずご入力ください。

    
    

※必ずご入力ください。

※技術的な質問には環境やエラーについて正確かつ詳細にお教えください。

・正確なエラーの内容

・Windowsのバージョン番号

・Visual Studioのバージョン

・機器の型番

・アプリやソフトのバージョン

    

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。