FC2ブログ

記事一覧

青色申告で65万円の控除を受ける方法 -2021年版- | 確定申告


今回は 2021年(2020年分)の確定申告から変更になりました青色申告の控除額65万円を獲得する方法について覚え書きします。
先週に今年の確定申告を無事終えることができ、非常に面倒でしたが65万円の控除を得ることができました。その経験から注意点が沢山あるという事が分かりました。確定申告がこれからの人もご参考頂ければ幸いです。


sinkoku_2021_01.png


前提条件
・Windows 10 v1903 以降
・Google Chrome 最新版
・IC カードリーダーの購入
・利用者識別番号と暗証番号の取得
・マイナンバーカード


カードリーダーの購入URL
 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08TT216VK/
 ※急でしたので翌日に届く amazonで購入しましたが、信頼性の高いものを選択することをお勧めします。安価なものはトラブルの元です。

e-tax URL
 https://www.e-tax.nta.go.jp/index.html



1.控除額の経緯

昨年までは基礎控除額38万円+青色申告控除額65万円で、合計103万円が最低の控除額でした。
今年からは基礎控除額が10万円増額されて48万円になりましたが、その分だけ青色申告控除額から10万円が減額されて55万円になり、合計103万円の控除額に変更が無いように設定されています。しかしながら、e-taxで青色申告を行うと青色申告控除額が65万円になり、合計で113万円の控除が受けられるという仕組みになっていますが、落とし穴がありますので注意が必要です。
このことは、以下の国税庁ホームページで PDF で説明されています。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf



2.注意点

・全ての申告を e-tax 内で電子申告する必要があります。
 →青色申告決算書を印刷して郵送すると65万円の控除が受けられません。(55万円の控除額になっていまいます。)

・スマホでは対応していません。
 →スマホでは青色申告決算書を作成することができません。
 →スマホで作成したデータを保存して、PC で引き継ぐことはできません。

・PDF での電子申告には対応していません。
 →青色申告決算書を PDF で送付することはできません。

・利用者識別番号
 →初めて確定申告する場合は、e-tax のページから新規に取得することができますが、昨年以前に確定申告した場合は、利用者識別番号が採番済みとなっていますので、新たに発行すると税務署から電話がかかってきます。忘れてしまった場合は、e-tax のページから再発行の申請を行う必要があります。1~2週間ほどで郵送で自宅に届きます。

・マイナンバーカードの発行
 →事前に市役所でマイナンバーカードを発行してもらう必要があります。



3.事前準備

(1)IC カードリーダーをインストール
 →パソコンにドライバをインストールし、デバイスマネージャーで正常な状態を確認します。マイナンバーカードを読み込みする為に必要です。

(2)対応ブラウザをインストール
 →ここでは Chrome をお勧めしています。インストール後に最新バージョンに更新します。

(3)ブラウザのアドオンをインストール
 → e-tax APマイナポータル AP をインストールします。インストールしないとマイナンバーカードが読み込みできず、先に進めません。インストールされているかは、Chrome の場合ですと 設定 > 拡張機能 から確認できます。

sinkoku_2021_02.png



4.申告の流れ

(1)マイナンバーカードの読み込み
 →ICカードリーダーで読み込みます。マイナンバーカードの暗証番号(数字4桁)が必要です。

(2)青色申告決算書・収支内訳書の作成
 →決算書・収支内訳書の提出方法の選択で 「e-Taxで送信する。」を選択します。
 →作成する決算書・収支内訳書の選択で「青色申告決算書を作成する。」を選択します。
 →青色申告特別控除額は65万円を入力し、「決算書等作成コーナーで貸借対照表を作成しますか。」の質問に「作成する」を回答します。
 →青色申告決算書・売上金額及び仕入金額・青色申告特別控除額の計算・減価償却の計算・貸借対照表の4枚分の項目を手入力します。

(3)所得税の確定申告書の作成
 →所得税申告書B第一表 と 第二表 の各項目を手入力します。

(4)その他の申告書作成
 →必要に応じて入力・申請します。

(5)作成書類の印刷、電子署名
 →電子署名時にマイナンバーカードの署名用暗証番号(英数字6桁以上のもの)が求められます。続いてマイナンバーカードの暗証番号(数字4桁)が求められます。

(6)送信







以上で今年の確定申告は完了します。
最後までお読みいただきありがとうございました。




コメント

コメントの投稿

※名前とタイトルが入力されていないコメントでは他のコメントとの区別ができません。

 入力されていないコメントには返信しませんのであらかじめご了承くださいませ。

※ニックネームでも良いので必ずご入力ください。

    

※必ずご入力ください。

    
    

※必ずご入力ください。

※技術的な質問には環境やエラーについて正確かつ詳細にお教えください。

・正確なエラーの内容

・Windowsのバージョン番号

・Visual Studioのバージョン

・機器の型番

・アプリやソフトのバージョン

    

カテゴリ別記事一覧

広告

プロフィール

石河 純


著者名 :石河 純
自己紹介:素人上がりのIT技術者。趣味は卓球・車・ボウリング

IT関連の知識はざっくりとこんな感じです。
【OS関連】
WindowsServer: 2012/2008R2/2003/2000/NT4
Windows: 10/8/7/XP/2000/me/NT4/98
Linux: CentOS RedHatLinux9
Mac: macOS Sierra 10.12 / OSX Lion 10.7.5 / OSX Snow Leopard 10.6.8
【言語・データベース】
VB.net ASP.NET C#.net Java VBA
Xamarin.Forms
Oracle10g SQLServer2008R2 SQLAnywhere8/11/16
ActiveReport CrystalReport ReportNet(IBM)
【ネットワーク関連】
CCNP シスコ技術者認定
Cisco Catalyst シリーズ
Yamaha RTXシリーズ
FireWall関連
【WEB関連】
SEO SEM CSS IIS6/7 apache2

休みの日は卓球をやっています。
現在、卓球用品通販ショップは休業中です。